妙義山・・・Vol.980

昔なつかしい「峠の釜めし」を買って外に出ると、サービスエリアの駐車場の向こうに、雪雲に覆われた妙義山が浮かんでいた。

23妙義山IMG_0911

24IMG_0913

山の谷間から汽車の汽笛が聞こえてきそうな気がした。
もうじき夜の帳が降りてくる。

弟夫婦には、あれやこれやと面倒のかけ通しだ。
思ったより回復が早そうで少し安堵したが、不死鳥のように立ち直ってほしものと、強く念じつつ帰路についた。

♫ 夜汽車 🎶


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント