伊東四朗・・・Vol.956

ダリで思い出した。伊東四朗だ。
伊東四朗はいつのまにか良い役者になっている、好きな部類の役者だ。
彼の昔のことは忘れていた。

こんな時代もあった。
♫ 電線音頭 ♩だ。


みんな一生懸命に生きてきたんだなとしみじみ思う。

電線音頭も懐かしいが、今日は電線ではなく、テレビアンテナにスズメではない鳥が止まっていた。
12羽が13羽になりかけて、9羽、8羽と減っていった。
1アンテナ12羽1IMG_0703 2IMG_0702
3あんてな9羽IMG_0706 4アンテナ8羽IMG_0708

いずれの日か、アンテナや電線も消えるのだろうか。

昔、TVが普及し出したころ、今日はどこの家の屋根にアンテナが立つのだろうか! などと子ども同士でワイワイやっていた。あの頃が懐かしい。
中田英寿がイタリアに渡った時、Wowowでしか見れなくてパラボラもつけたときがあった。今はもうアンテナは撤去し光回線だ。そんな時代になった。

ただ、アンテナは自分でどうにも出来るが電柱は、そうはいかない。
我が家の前の電柱や電線も、いずれ無くなる時がくるかもしれない。
狭い庭だが、鳥たちの“止まり木”のために、もう1本、木を植えるとするか。
ちなみに自分の“止まり木“は、ある。


From Tokyo With Love  東京より愛を込めて
  いい日でありますように 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント