鬼になれるだろうか?・・・Vol.950

今日はボランティアの会議があり、少々疲れた。
会議の人間関係は良好だったから、年のせいで疲れたのだろう。

会議が終わって、帰りに、妻が預けたプーキーを引き取った。
今日は動物病院でトリミングしてもらう日だったのだ。
顔の周りが毛でおおわれすぐに目が見えにくくなるので、時々刈ってもらう。
私の散髪代より高いがやむを得ない。

動物病院の先生が言った。
「ダメです、絶対に!」
顔が緊張していた。
言いにくいことを言わなければならない顔だった。
結構太ってしまい、ダイエットをしなさいと言うわけだ。
「いいですか!おやつもダメ、人の食べるものもダメですからね!とりあえず向こう3か月間」とおっしゃる。

そんなことも、疲れをさらに増した要因だった。
寄って来ると、ついつい可愛くておやつなどをあげてしまっていたので、反論のしようもなかった。
鬼になれるだろうか?などと思いながら憂鬱も抱えて帰った。

白スズメで賑やかだった(小さな)牛牧場では、子牛たちが“どこ吹く風”で何かしらおしゃべりをしていた。
雲の代わりに、青空には昼間の月が浮かんでいた。
落ち込んだ気持ちを映すかのように、少し歪んでいた。

1牛関係IMG_0647
2昼間の月IMG_0658
From Tokyo With Love  東京より愛を込めて
  いい日でありますように 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

今日の1曲 ♩ メランコリー ♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

体格

家内が「よい体格で健康そうな子(飼い主ではなく飼い犬のほう)」と褒めていましたが、栄養もよかったのですね(^_^;)
「食べたいもの食べさせてやればいいじゃない」と他人は思うのですが。