不謹慎ながら「聖者の行進」で・・・Vol.930

クリスマスも過ぎて町も正月に向かって雰囲気が変わった。
街ゆく車の量も増えている。

時季外れで恐縮だが、思い出したことがあるので、それをひとつ。

ジングルベルが街に流れ出すと、決まって口ずさむ曲がある。「聖者の行進」だ。悪気は微塵もないけれど敬虔なキリスト教徒の方はこれ以降は読まないでほしい。

先輩から伝授された一発芸がある。
「ヨシッ、これはお前に引き継ぐ!」と免許皆伝を授かったのも遠い昔のことになるが・・・。
芸を引き継いだが、時すでに遅し、時代はあまりそういう場で飲む時代ではなくなった。職場でも、あまりはしゃげない歳にもなっていた。それでも2回ばかりボランティア仲間に独り立ちした芸を披露したことはある。断っておくが、私は歌は好きだが、パフォーマンスは苦手な方だ。
が、この芸(?)を先輩が魅せてくれたときは、笑った。「お前も、俺に続け!」と言われ恥も忘れ興じたのが最初だった。

ご存知の方もおられるかとも思う。
「聖者の行進」だ。
何のことはない、聖者の行進を謳うだけだ。
ただし小道具が2つ必要。
それはお店から借りればいい。大体のところにはあるものだ。
もちろん家でもできる。

お椀と茶碗だ。

お椀と茶碗IMG_0507

まず、お椀を右手、茶わんを左手に持つ。(どちらでもいいが)
腰をやや落として(八木節のような恰好がいい)、聖者の行進の曲が流れてくるのを待つ。
曲が流れてきたら、歌えばいい。
唄の歌詞は変える、替え歌だ。記憶力の悪い方でも心配はいらない。
忘れたら、右手と左手を見ればいい。(が、忘れようとも忘れることはない)
では!
(^^♪ お椀出せ ♫ で右手に持ったお椀を前に出す。
続いて ♫ 茶碗出せ ♫ で今度は左手に持った茶碗を前に出す。

なんのことはない。コレの繰り返しで最後までゆく。
歌詞は、これだけ!

これだけだが、ホントに曲にぴったり合うから面白い。
まずは、人のいないところで、是非口ずさんでみていただけたら、愉快だ。

「おい、これは俺の得意芸だぞ」と言う方がおられる気もする。
失礼しました。

でも ♫ 聖者の行進 ♫ を張り付けておきます。そっと歌ってみてください。

From Tokyo With Love  東京より愛を込めて
  いい日でありますように 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 (^_^;)