俺にも言わせろ、今怒っている、豊洲市場、盛り土問題・・・Vol.752

歳のせいで怒りっぽくなった。
昔からだよ、と言われそうな気もするが。

TVの報道の仕方に、まず怒っている。生ぬるい、回りくどい。

莫大な費用を投じてきている築地市場移転問題、いよいよ大事(おおごと)になった。
今後、さらに莫大な金(私ら都民の金)が必要になるだろうが、ここは腹を決めた、赤字財政になってもやむを得ない事態だ、都職員に金より大事なものがあることを示し初心に戻ってもらう時がきた

都民も議員もマスコミも、都職員に欺かれ騙されてきたわけだが、なぜこのようなことが起きたのか?一因は、都職員の「驕り」にあると考える。
都職員に限らず、行政マン一般に言えることだが、「公僕」であることを忘れるとこういうことになる。取り返しのつかないことになる。それとも、もともと「公僕」などとは思いもしなかったか?どちらかだろう。

若い時なら「何を青臭いことを言っている」で済んだことが、いい歳過ぎても正論を吐いていると、次第に職場の片隅に移らされていくこともあるだろう。「あいつは解らない奴だ、ダメな奴」のレッテルを張られた良心的な公僕も都にはいるだろうから、都職員全員がダメとまでは言わない。しかし今回の場合、確実に、俺が俺たちが都のことはやっているんだ、いずれ変わる知事や政治屋のような議員ではない、(馬鹿な)マスコミもわかりゃしない、などと「驕ってしまった」だろう犯人はいる。

あえて今回の件は“犯罪”と呼ぶ。少年犯罪ではないのだから、マスコミももっと核心を衝かなければならない。核心を避けて、問題の周辺をいたずらに、語弊があるかもしれないが、面白そうに騒いでいるだけのようにも思えてならない。早く犯人を上げて、迅速に総力を挙げて今後どうするかに取り組まなければならない。

素人から見ても、犯人は、2008年当時の担当局長・中央卸売市場長およびその周辺であろうことは明白だ。たぶん当時の石原都知事は、詳しいことは知らされてはいなかっただろうが、責任は逃れられない。マスコミもおかしい、当然担当記者がいたはずだから、すぐにわかることだが、歯に衣を着せている。

小池都知事が誕生しなかったなら、と思うとぞっとする。今までのところだが、歴代知事の中でトップのリーダーと言えるだろう。共産党都議団も今回は殊勲だ。彼女らの調査が後押しをした。移転延期で納得がいかなかった市場関係者の賛成派も、変なことだが納得せざるを得なくなった。移転反対だったが泣く泣く豊洲に水槽設備など大きな費用を投じたものもいる。70億円を投じてしまった冷凍設備業者もいる。みんな呆きれ果て「どうしてくれるんだ!」と怒り、戸惑い、悲鳴を上げている。
自民党の辞めたドンは知っていたのか知らなかったかは知る由もないが、自民党都議団もここは「小池憎し」は横においてでも、この問題解決に「いいところ・男気」を見せる必要がある。

行政が諮問会議などを設置する場合、その担当部局が必ずある。そしてその担当部局には下案(原案)がある場合が多いと聞く。今回も案があったのだろう。いわば「専門家会議」と「技術会議」は、その隠れ蓑にされた疑いが非常に濃い。犯人の大胆なことは「技術会議」終了前にすでに施工業者と今の方向で話を進めていたようで、その犯人の「驕りぶり」は目に余るものがある。「万死に値する」
「まさか、このようなことになるなんて」思いもしなかっただろうが、そういうことだ。立脚点、立ち位置を間違えると、取り返しのつかないことになる。個人に恨みはないが、ここは全国の公務員に警鐘を鳴らす意味でも黒白つけて白日の下にさらさなければいけない。

賛成派と反対派に分断され、仲の良かった絆も分断、先行投資した事業者もいる、莫大な費用がすでに消えている、この心と金をどうしてくれるんだ!
先ほどTVで都の現中央卸売市場長・岸本氏が謝罪していたが、彼はまだ事の大きさを理解していないのではないか?

移転での賠償金は当然都が全額負担、豊洲の建物は取り壊し、でも仕方ない、都民(の私)は、そう腹を決めた。オリンピック道路は?などというのは後回しだ。そっちは日本人の技術者や知恵者なら、大丈夫だ。ブラジルだって、W杯のときも、今回のオリンピックも前日まで建物が完成しない、道路が出来ていないなどと報道されたが無事成功している。日本だってやれば出来る。

歳のせいで諄いが、まず金の話は脇に置くこと、犯人を早急に挙げ「いつ誰が決定したか」に決着をつけること、全国の行政マンは公僕たることを肝に銘じること、汚染問題にけりをつけること、そして一番肝心な「今後」に総力をあげること。

マスコミも立ち位置を間違えている上司のいるところも多いかもしれないが、都民(の私)は、それでも頼りにしているから、いい後押しを願いたい。

おおっ、怒った。言いたいことは言えたかな?
まだ、あった。
今の心情だ。
ホントは、つべこべ言わず、水戸黄門から印籠を借りて「ええいっ、だまらっしゃい、これがみえないか?!」と一喝すればすむことだった。血圧を上げ過ぎたかもしれない。
聞き苦しいところはどうか、ご容赦を。

早く、おいしい魚や野菜を安心して食べたいものだ。早く、こじれた市場関係者の絆も回復して、いい笑顔を見せていただきたいものだ。
生きて元気なうちに、頼む、ヨ。
31豊洲android-20160914111610
(朝日新聞から)

まだ、怒りは ♪ どうにも止まらない♪ ので・・・。

★にほんブログ村ランキングに参加中。
下記 [シニアブログ] 「拍手」をポンしていただければ、励みになります!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございました!感謝
From Tokyo With love  東京より 愛を込めて

夕方になれば少しは怒りがおさまるだろうか。
おいしいビールを飲めるといいが・・・。
明日はきっと晴れる、かな?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント