知らなかったなア~・アオバズク・・・Vol.695

近くにある神社、御霊(ごれい)神社。あと2週間もすると夏祭りが行われる。
毎日のように湯殿川沿いに、この神社付近を、愛犬プーキーと散歩している。

しかしこの歳になっても、次から次へと「ヘエー、そうなのか!」ということが出てくる。みじかなことでも知らなかったことが多くあるもんだ。
アオバズク、フクロウだ。青葉づくころに飛来してきて、夏が過ぎると東南アジアに帰って行くらしい。この鳥が、なんと我が御霊神社にお住まいなのだという。最近ヒナが3羽カエったという。

アオバズクandroid-20160804104023
愛読している地域情報誌「よみっこ」に昨日掲載されていた。

今まで知らなかった。ということは、毎年夏祭りの時も、木々の上から人間たちの踊ったり歌ッたりしている様を、たのしそうに、あるいは、うるさそうに、ながめていたのかもしれない。
今度、ぜひ、お会いしたいものだ。
また、楽しみが増えた。

フクロウといえば、ろう、と、司馬遼太郎”梟の城”だ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント