碌山・交遊、高村光太郎・・・Vol.678

安曇野、碌山美術館本館の裏手左に詩碑がある。

16高村光太郎IMG_6903
碌山の友人・高村光太郎が碌山こと荻原守衛を忍んで寄せた詩だ。

隣にもうひとつ建っている。
17自筆IMG_6904
同じ詩だ。こちらは光太郎の自筆だ。少し読みにくいので、気を使ってくれたのだろう。

碌山の壮絶な死に際のことに触れて詩は終わっている。
新宿中村屋で毎夜毎夜、2人は芸術などについて語りあかしていたのだろう。戸張孤雁や中原悌二郎らも「おう!」などといいつつ入って来たのだろう。明治時代の終り頃のことだ。
詩には、”角筈の原っぱのバラック”とあるから、そのころの新宿は原っぱだらけだったのかもしれない。そこに碌山はバラックを建てアトリエとしていたのだろう。

いずれにしても、友はありがたい。♬ 我が良き友よ ♬ 


今を大事に、バーモス!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント