暑気払い・巣鴨・ゆたか食堂・・Vol.672

日曜日の夜は巣鴨に出かけた。
なつかしい仲間との暑気払いだ。巣鴨も久しぶりだった。
1android-20160717214328.jpg
2android-20160717214336.jpg
3android-20160718000649 - コピー

デザイナーのIとM、カメラマンのK、とは4年ぶりだ。エディターのMとは約27年ぶりだ。
でも、会えば昨日のことのように話が弾む。酒もまだ飲める。
違っているのは髪の毛の白さや薄さ、肌の艶ぐらいなもんだ。

とは言っても、デザイナーのMは、毎日、老人ホームで暮らす実母を見舞っている、その夫のIも週に1回は訪れている。出来ないことだ。編集者のMは、昨年夫が逝った。Kは、熊本の出身で、親戚を案じつつ過ごしている。皆、なんだかんだが顔の皺に刻まれている。

私は昨日は信州安曇野にいたが、そこである青年と出会った。青年Yは、大学院を仙台で過ごしたという。そのころの愛読雑誌の話になった。なんとkの愛読していた雑誌はカメラマンKとデザイナーIが表紙を作っていた雑誌だった。
これだから、人生は愉快、だ。

Kが「俺の家に泊まっていけ」と言ってくれたが明日出かける用事があったので山手線に乗って帰った。
八王子の家にたどり着いたが、大変時間が経っていた。ひょっとすると山手線を一周半くらいしていたのかもしれない。

帰り際にいただいた都電もなかはしっかりと持って帰ったようだった。翌朝、テーブルの上に鎮座していた。

都電もなかandroid-20160721100634

楽しい飲み屋は、ココ、ゆたか食堂
4android-20160718000656.jpg


今晩の1曲、小林旭で ♪ 恋の山手線 ♬

ところで、この歌に出てこない駅がありますが何駅?

★にほんブログ村ランキングに参加してます。下 記 [シニアブログ] をポン!
「拍手」 などもクリックしていただければ、励みになります!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございました!感謝です。
明日もいい一日でありますように!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アルプス号

某カメラマンが泊まれというのを振り切って、ふらふらと帰られたというので、ひょっとして乗り越して甲府あたりまで行ってしまったのではないかと心配していましたが、なんと安曇野まで行かれてしまったのですね。ご無事で何よりでした。

お疲れさまでした!

六さん、ありがとうございました。
暴言や失礼な態度はありませんでしたでしょうか?
飲んだあと、最近はこんなことが気になりだしました。