ホタルの里・殿入川・池の沢・そして縄文時代・・Vol.613

八王子市館町・殿入地区。いま、国道20号八王子南バイパスの道路工事が始まっている。
android-20160523232415.jpg
ピンクの部分がやがて開通する。
ピンクの上、右が医療センター、左が翔陽高校。高校の上右が館小中学校。この道をまっすぐ上に進むと圏央道「高尾山IC」だ、車で約5分。ホタルと書いてある左上には穎明館高校がある。

左下に見える道が市道横山60号。ここは館町殿入地区の上にあたる。この下手で道は北野街道と交わっている。横山60号に沿って流れる殿入川も下手で湯殿川と交わる。この写真の場所では、殿入川は道から外れているので見えないが、写真の左隅側を流れている。
北野街道近くに龍見寺という名刹がある。写真の丘陵もお寺の裏まで続いている。そこらあたりがこの殿入地区の入り口でもある。

ここで遺跡が見つかった(点線枠内の上のところ)のでバイパス工事は一時中断し現在遺跡埋蔵物調査が行われている。「館町龍見寺裏山地区遺跡」と呼ぶ。9年前にも寺の裏当たりで調査があり、6000年前の住居跡が見つかっている。今回は写真の点線部分を調査している。先般途中経過の説明会があり、8000年前から5000年前の遺跡が発見されたと報告があった。落し穴が目を引いた。イノシシやシカを狩っていたという。土器のカケラも出た。陳列されており写真も撮ったが、公開するには許可が必要ということで、ココでは紹介できないのが残念だ。

ホタルと書いた場所には、蛍が舞う。6月下旬ころからだ。「殿入中央公園」の脇に「池の沢」があり、ここに天然蛍が生息している。「池の沢に蛍を増やす会」が一生懸命に環境整備をしてくれているおかげだ。
昔、雨乞いの儀式も行われ、龍見寺で龍を呼び、村を練り、最後はこの池の沢に龍(張りぼて)を鎮めたのだそうだ。昭和の初期が最後だと古老は言う。

イノシシは今も出るが、蛍は縄文時代にもいたのだろうか?
明日「蛍を増やす会」代表の谷村さんと会うので、聴いてみよう。

きょうの1曲は、もちろん ♬ ホタル ♬ 。


★にほんブログ村ランキングに参加してます。下記[シニアブログ]をポン!していただければ嬉しいです。ついでに「拍手」などもクリックしていただければ、とても励みになります!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました!感謝です。
では、今日もまた良い1日でありますように!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント