ちょっといい:4・ひと:2・・・ブラジル:レシフェ・ナタル・・Vol.58。2014.7.3

楽しいいい人が多い。

IMG_0852.jpg
レシフェのオレンジ売りの親父さん。オレンジ1個1レアル。皮を剥いてくれて、食べ終わると、手がベトベトになるので、そこはチャンとフォローがあった。屋台にペットボトルをぶら下げており、「手を出せ」と言う、洗ってくれた。撮っていいかと言うと身構えられてしまった。もっといい顔だったのに。

IMG_1049.jpg
レシフェ・セントロ、アグア(水)を買っただけなのに。みんな集まって来た。

IMG_1188.jpg
ナタルの酒場で、「来いヨ」と言われ、「ここナタルのシュリンプはうまいぜ!知ってるか?」と言われ、「知らない」というと、「大方,日本に輸出しているんだ」という。知らなかった。ビールを薦めると、断られた。「車を運転するんで」と。
ホントだった。別れたあとブラブラしていたら、「おい!」と後ろから来た車に声をかけられた。「危ない!」と咄嗟に思い、知らん顔をした。
もう一度「おい!」と声がかかった。振り向くとさっきの2人だった。車を運転していた。若い方は助手席だったが、先輩に遠慮して飲まなかったのだろう!。左がセシーリョ、右がアジウソン。

IMG_1085.jpg
いやー驚いた!ポンタネグラの商店街を出たら、いきなり出くわした。うあっ!と思ったが、なにか微笑んでいるようだった。で、気を取り直して「1枚、いい?」とお尋ねした、「もちろん、喜んで」との返答。聞けば、下の海岸でペインティングの商売をしているんだとか。今は休憩中なのよ!とのこと。

IMG_1097.jpg
ナタルの宿のフロント、優しい女性シルビア(左)。一人じゃ、恥ずかしいワ、ということで、同僚を呼んだ。

IMG_1135.jpg
ギリシャ戦、まさに必勝!だったのだが・・・。こんな可愛い姉妹まで応援してくれていたのに!

IMG_1405.jpg
寄ってくる人は、変な人ばかりではない。お堅い人も優しい。別に道に迷っていたわけではなかったが、声をかけられた。
「何なんだ?」と身構えたが、「どこへ行くんですか?」だった。
大体こっちだなと、見当をつけていた方向を教えてくれた。もちろん、丁寧に「オブリガード!」と言った。
皆んな、いい人だ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

浮さんが親切な方を引き寄せるのですね。
日本のPRもしているのですか?