南米の風景49・ロス・トレス湖とスシア湖へのトレッキングは続く・Vol.508

エル・チャルテンから直接やって来るトレッキング路との合流地点に着いた。ここからはキャンプサイトのある森を抜け川を越えるとあとは急な登りばかりの登山になる。川の名前はリオ・ブランコ Rio Blanco ,今歩いてきたトレッキング路(ピンク)に沿ってエル・ピラールに向かって流れ下っている。
合流地点IMG_8350[1]
合流地点
0地図android-20160223145552
地図の赤いラインを行く。約3㎞、90分。

ブランコ川を越えてしばらく森の中を進むと目の前に急斜面が出現する。見上げると頂上は見えない。緑の木々ばかりが天に向かっていた。
IMG_8361[1]

やがて木々はまばらになりごつごつした岩ばかりの道が多くなってきた。あそこが頂上かと思ってそこにたどり着くとまだ先に続いている。そんなことを何度となく繰り返す。
IMG_8364[1]
そして今度こそ頂上だ、ついに湖が見えるぞ!と思ったら、はじめて下りになったが、まだその先に道は続いていた。
IMG_8371[1]

一旦下って、また登った(写真の岩山の右上が頂上)。登り切ると眼下に素晴らしい景色が広がっていた。
そしてとうとう念願の目的地に着いた。
この山登りはホントにきつかった。先日のトーレ湖へのトレッキングは、いつかまたぜひ来たいと思ったほど快適で口笛も出たが、このロス・トーレス湖へのトレッキングは、特にこの山登りは、もう一度来るのは無理、と弱音を吐くほどだった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント