3月に入った、そろそろこんな景色も見納めになってくる・Vol.499

寒い日もあるが、大分暖かくなってきた。梅やクロッカスなど花だけではない、いろいろな芽が出始めている。
我が家の水仙も蕾をつけ始めた。チューリップもあちこちから青い葉を伸ばしている。
春は確実にやって来ている。

そんなことを想うと無性に愛おしく感じるものがある。
これだ。

もみじ台IMG_5273
秋に葉を落とし裸になった木々だ。

新緑の木々も、紅葉の木々も、皆それぞれに素敵だが、衣を脱ぎ捨てて、冬空に幹や枝だけをスッくと広げる裸の木々も、とても味わい深いものがある。この時期になると、もうじき葉がつきはじめ見納めとなるからだろうか、なぜかホントに無性に愛おしくなるから不思議だ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント