3連休、孫と一緒に高尾山へ・Vol.468

3連休の最終日、といっても私には友人Kの口ぐせではないが毎日が”サンデー毎日!”のようなものだが、可愛い孫たちと高尾山へ行って来た。
1出発android-20160111212954
コースはまず6号路から琵琶滝まで。
2びわ滝android-20160111212944
琵琶滝から急な山道、琵琶滝道を登った。さすがに小学生の2人はすいすいグイグイ登っていく。幼稚園年長組の孫は必死に姉たちのあとを追う。「ゆっくりでいいよ!」と言っても、這って石や木の根にしがみついて登っていった。途中、”キリン”の顔の前で記念写真。
3きりんandroid-20160111212935
1時間強で薬王院に到着した。ちょうどお坊さんが勤行のためほら貝の音とともにやって来た。
6お坊さんandroid-20160111212817
3歳の孫は、ママとばあちゃんと3人でケーブルカーで先にお寺について待っていた。ここで合流。

頂上でまた記念写真。太陽がまぶしい。
9高尾山頂上android-20160111175732

少し遅いお昼は、私のお気に入りの奥高尾の入り口、もみじ台にある「細田屋」でとろろそばやなめこ汁などをいただいた。もちろん、おにぎりなども持って行った。長女は、おいしいと言って”味噌おでん”(田楽)を6ピースも食べていた。
15細田屋android-20160111175608

帰りは、ぜひ吊り橋を渡りたいというので4号路を選んだ。
18吊り橋android-20160111175529
私の愛用のトレッキングポール”シナノ”は孫に取られたままだった。年よりだけでなく、子どもたちにも、これがあると楽なようだった。最近はスキーはあまりしていないが、私の長年愛用しているスキーストックは、やはりシナノ!、デザインも軽さもとても手にフィットしてご機嫌なストックだ。そんなこともあってトレッキングポールもシナノにしている。これもとても手に馴染み使いやすい。

少し遅くなったが明るいうちに、なんだかんだで無事麓に到着。全員元気でなによりだった。
夜は、録画のサッカー、高校選手権、東福岡対国学院久我山戦を観た。久我山のMF名倉巧はさすが片鱗を魅せたが結果は5:0、東福岡の夏冬連覇に終わった。点差は開いたがほんの少しの差ともいえるかもしれない。280人ものサッカー部員を抱えるという福岡の強さも素晴らしい!が、監督やスタッフは、この多くの部員のコントロールは大変だろうな!とそっちばかり気になったことも事実だ。
王者は手を緩めない!秘策”猫だまし・3枚砦”
IMG_5206.jpg
IMG_5205.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント