鵜戸神宮・・Vol.431

古代から海洋信仰の聖地として崇められていた社(やしろ)は、日向灘を見下ろす断崖絶壁に鎮座していた。

2IMG_3742
この洞窟の中に本殿がある。
ご本尊は円鏡だ!
天照大神を彷彿させる。
1円鏡IMG_3747
空・うつ、洞・うろ、に通じる「うど」は、内部が空洞になった場所をさすのだという。

玉橋。
3IMG_3749

楼門。
4IMG_3733

白い波しぶきを上げる海には、鵜もいた。
6IMG_3751
5IMG_3730

私たちはいったいどこからやって来たのだろうか?騎馬民族説もあった。いや、南方からやってきた。いや、ルーツは朝鮮半島から。神話では高天原から降臨した。それは高千穂の峰か高千穂峡か。初代天皇と言われる神武天皇は?邪馬台国の卑弥呼は?
日本のルーツを思い、様々なことが去来するなか、神宮をあとにし高千穂峡に向かった。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント