宮崎の夜 Miyazaki night ・・Vol.428

繁華街の一角にある宿を予約していた。
ここももちろん素泊まりで。
荷をほどき早速地鶏を食べに街に出た。
android-20151031185240.jpg
中央通を南にチョット歩くと、わたしの大好きな路地裏が広がっていた。人情横丁だ。
android-20151031185249.jpg

ここはグルリと徘徊するだけにして、まずは宿の方がお薦めの焼鳥屋に向かった。
焼き鳥は2品しか置いてなかったが、これが抜群にうまかった。
とくに地鶏のたたき
android-20151031185230.jpg
串に刺すのではなく、皿に山盛りで出てくる。
炭火で火柱が上がる中で焼く!
これは病みつきになる味だ。鳥が新鮮でないとだめだろう。
店の名前は「炭王」だったと思うが、食べて飲むのに忙しく定かではない。
そのあと海鮮料理店に移りまた一杯。

残念ながら、人情横丁のような道端での一杯、アウトドア・スタイルは、私の仲間はあまり好みではないのだ。

高千穂通り(国道10号線)が宮崎駅に向かって東西に走り、この南側、南北に走る橘通りの西側、この一帯が昔ながらの飲み屋の繁華街のようで、西銀座通り、中央通り、西橘通り、一番街アーケードなどをうろついた。かくして健全な宮崎の夜も更けていった。
android-20151031185219.jpg

月日がたつのは早いもの、年賀状が発売され、クリスマスが来て、お正月。
もう忘年会も2件入った。今年し残したことはないか?などとふと思う。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント