葉山散歩15・木古庭2・・・Vol.357。2015.7.27

木古庭散歩。前号「葉山散歩14」の続き。
     (★の番号は、前号のマップに付けた番号)

バス停「木古庭」横にある駐在所(★1)の裏の坂道を少し登ると電柱がある。電柱の前の小道を右に下ると里山が開ける。左に田園を眺め小川を渡る、ほんの少し登ると車道に出る。左に約80m進み、右の細い小道を登る。途中右に”樽の家”(★2)がある。
3P1010328
さらに進むと、また車道に出る。横切るように少し下る。左に道半分が階段になっている小道があるので、これを登ると尾根道に出る。左に進み、分岐点、右先に電柱が見える、ここを右に行く。坂道を下って行くと高速道路に突き当たる、横浜横須賀道路だ。
里山あたりからここら辺が「後山」地区。「うしろやま」、と言い、お城山(しろやま)が転訛したともいう。
この北側に畠山(208m)がある。畠山城址だ。今は、土手しかない。1180年(治承4年)、三浦党・城主大介、子の義澄らが守る衣笠城を、平家軍が総攻撃をかける。その本陣をこの山上に張ったという、畠山次郎重忠の率いる軍だ。

高速道路下のトンネル(★3)を潜り抜ける。と、目の前に本圓寺(★4)が見える。(*ここまでで歩きはじめてから約15分)
4P1010330
5P1010329
6P1010332
7P1010333
8P1010336
不動近くの本円寺
日蓮が安房の国から浦賀道を通り鎌倉へ出る途中、「ここに庵を結び、しばし修行を続けたのか」などと思うと、灌漑深いものがある。

階段を下りて左、石垣に沿って行く。さらに草深い山の小道を行く。雑木林の中に稲荷の社「白木稲荷大明神」(★5)がある。
9P1010339

車道に出て左に登る。高祖日蓮大聖人が切り開いたという「高祖坂」だ。登って下る途中、左に「高祖井戸」がある。★6
10P1010341
この看板に沿って進むと竹林の中に井戸がある。
11P1010343
日蓮上人がここ付近で布教をしているとき、携帯用硯・矢立ての水がなくなってしまった、日蓮は手に持つ杖で、ここに水たまりを作った。これが現在の「高祖井戸」となる。水は枯れたことがないという。

さらに3分ばかり車道を進むと立派な長屋門が目に飛び込んでくる、高橋家の長屋門だ。★7
12
このすぐ脇にも里山風景が展開する。
13
そしてバス道路「葉山横須賀線」を横断する。「大楠山登山口」というバス停がある。
                 (*お寺からここまで約15分強)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント