行雲流水61・逗子・・・Vol.345。2015.7.18

昨日、台風一過、で、久方に逗子へ出かけた。
なつかしい街、なつかしい人、はいいもんだ。
皆、元気だった。

まず、明るいうちだったが、昔馴染みの居酒屋「万紫味」(ましみ)で飲んだ。
1DSC_1040

そして、ここ。看板に文字があるのだが、ライトの明りが強くというか撮り方が下手でお店の文字は写っていないが、奥の明りが見える店。
2DSC_1041
クルワカン。逗子の老舗Barだ。バーというよりスナックと言った方がいいかもしれない。
もう40年以上やっている。
ママも変わらず元気だった。ママの息子は”1-E"というバンドのボーカルだ。店も手伝っている。もちろんユーチューブでもすぐに聞けるし見れる。顔もハートもいい男だ。先日セカンドアルバムを出した。「晴れた日々」なんていう曲が入っている。

”商売だから”と言われてしまうと、そのとおりで何も言えなくなってしまうが、数年ぶりだったが、昨日のように”やあ”と迎えられるとやはりうれしいものだ。
そんなことで、もう少し早めに帰ろうと思っていたのだが、ついつい長居して最終電車で帰った。
最後に歌った曲は♪最終電車に 僕は飛び乗り~♪、そう場所は違うが、マイペースの”東京”だった。
昔、今は北海道で暮らしている後輩の、18番だった曲だ。彼が歌って以来、大好きな曲になっているのだ。久々に歌った。
歌も友も酒も、やはり、いい!
酔っぱらいのこじつけのようなものだが、明日あると思うな、で、昨日も飲んだ。

motiron飲む前はコーヒーで一服。
3DSC_1039
店の名前はBeck Coffee ?に替わっていたが、駅南口、改札口を出て左側に、喫煙できるコーヒーショップがまだあった。多分あるだろうと、これも楽しみのひとつに入っていたのだ。

ところで、今日は、夜10時まで酒は飲めなかった。
地域に祭りがあり、そのパトロールに行っていたのだ。祭りは大好きだが、飲める祭りと飲めない祭りもある。
てなことで、やっと今飲んでいる。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント