南米の風景9・Gocta・・・Vol.258。2015.3.19

Catarata de Gocta
ゴクタの滝

Chachapoyas,Peru


南米には数多の滝・名瀑があるが、私が見た中では、”南米ベスト3”のひとつだ。
エンジェルフォール、イグアス、そしてこのゴクタだ。
もちろん、ささやかな水量でチョロチョロと流れる滝や、グランサバナの滝、またパタゴニアのフィヨルドに流れる名もない滝々、みなそれぞれに心打たれたが、圧巻はこの3滝だ。

Catarata de Gocta はチャチャポヤスの町の北方にある。滝の入り口にある小さな村までは、車で行けるが、村からはアンデス山中を徒歩で2時間ばかり進むと滝下に出る。
(ケラップは、チャチャポヤスの町の南方にある。)

ゴクタ1
ゴクタ2
ゴクタ3
ゴクタ4
ゴクタ5

ご覧のように滝は2段になっている。
長さ771m。少し前までは、世界第3位の長さの滝と言われていたが、今は9位くらいになっている。
なぜか? 新しく発見される滝も、この現代にまだあるということかもしれないし、滝と言っても川のようになだらかな寝そべって流れる滝もカウントに入れたりしている、2段はどうか?とか、計測の仕方・基準も変化しているのかもしれない。
私は、華厳の滝や白糸の滝のように垂直に落ちてくる滝が好きだ。そんなことで南米3滝の2つは、垂直落下の圧倒的長さ、で、エンジェルとゴクタ、そして圧倒的水量でイグアス、とした次第だ。

滝の真下に立つと2段の上の滝は残念ながら見えない。
ゴクタ6
ゴクタ7

滝の入り口の村はずれの民家、その家の壁には化石が無造作にはめ込まれていた。太古、アンデスがまだ海中にあったころの名残だ。いいね!こういうの、好きだな!
ゴクタ12
ゴクタ13
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント