FC2ブログ

ウィズ・キャリーの男・・・Vol.2572


中央公園の坂道を登って行く途中、上から男が一人降りて来た。
時々立ち止まっては、私と同じように桜を眺めていた。
小さなキャリーを引いていた。
「?」とひっかかるものがあった。
見ないふりをしてサッと見た。
そんな見方だから正確な出どころ位置は不確かだが、喉辺りから管が出ており、それがキャリーの中へ続いていた。
旅行者でも買い物客でもない、カテーテル装着者だ。
なにしろ2か月前では私も当事者だったからすぐにわかる。
今も他人に対して敏感に反応してしまうのだ。
「おう、その姿で花見とは、いいじゃないか!」と
言葉に出せば、誤解もあり得るから黙って通り過ぎたが、こういう男は嫌いではない。
ウィズ・病で辛いだろうが、風情を楽しむ者は好感が持てる。

桜の中を散策して、しばらくして来し方を見下ろしたら、先ほど桜花の下ですれ違った男が里の小道を歩いていた。
ゆっくりとキャリーを引いて里の上へ向かっていた。車ではなかったんだと思った。

1カテーテルの男IMG_6775

地域では見かけない男だったが、上の団地に住んでいるのかもしれないなとも思ってしばらく眺めていた。
(2021.3.31の桜、閑話休題)

令和3年4月2日(金)、曇り。静かに新年度が始まったようだ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント