FC2ブログ

朱に染まる観音堂・・・Vol.2478


6朱に染まる観音堂IMG_7192
真覚寺観音堂。

冬に入ると朝日夕日に照らされて木々や家の壁などが真っ赤に燃える日が増えてくる。
いいもんだ。

6神楽殿
高宰神社・神楽殿。

観音堂の向こうに神楽殿が見える。
寺の隣地に神社がある。高宰神社という。
読み方は素直に、高は“たか”、宰は宰相の“さい”、で、「たかさい神社」という。
その神社の神楽殿だ。
「南北朝末期、京より高貴な方が、名を隠し、この御所水の地に居住したことから始まる。逝去後、由井地区の杉山峠に埋葬。後に山田村の広園寺境内に祠を建立、これが起源で、約600年前のこと。その後、古明神(今のめじろ台4丁目)に移り、正保慶安の頃、真覚寺境内に移し、高宰神社と命名し今に至っている。当社は霊験あらたかで八王子が誇る千人同心の神として・・云々・・・・」と昭和61年8月に神社総代が記した「由来記」にある。
正保(しょうほう)(1645~1648)徳川家光の時代だ。そのあとが慶安。つまり江戸時代の初めころ鎮座したということになる。

令和2年12月11日(金)、青空だったり、薄雲の間から日が差したり。それでも日が暮れるのもやや遅くなり出して来たか、5時でも薄暮という感じになって来た。日が伸び出すと気分も少し浮いてくる。


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
 では、また明日。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いつ訪れても静かな真覚寺ですが、夕暮れ時は晩秋の寂寥感が漂っていて雰囲気がありますね。
蛙合戦の賑やかな時代に思いを馳せたのではないでしょうか。
真冬はこの池にも薄氷が張るでしょうか...。

おかげさまで

葉月さんのおかげで、このところ万葉公園辺りをうろついています。
ほとんどいつも脇を素通りしていましたが、お寺、いいですね!