FC2ブログ

シュウメイギクと花子さん・・・Vol.2442


0さん宅に伺った。
愛犬との散歩時にしばしばOさん宅の前を通る。
庭には季節の折々に花が咲いて眼を楽しませてくれる。
変わった花があるのだ。

最初ふと思ったのが曼珠沙華と木犀だった。
赤い曼珠沙華や金木犀は我が家にもあるが、ここには黄色い曼珠沙華と薄黄木犀があった。
梅の古木もある。

通るたびに気になっていたが、ジロジロ覗いているわけにもいかない。
そんなことで横目で見て通り過ぎていた。
それがひょんなことから関りが出来て伺い家の中にも入ったのだった。
今は家の周りにシュウメイギクが乱舞していた。

「いやー、自然に生えていつのまにか家の周りをぐるっと囲むようになったんです」とOさんは言った。
玄関の中からも、一幅の絵のように窓枠に収まって見えていた。
「ホントはこの窓の有る位置が玄関ドアになる予定でしたが、建築屋が勝手にこの左に今の玄関ドアを作ってしまったので、ココを下半分、窓にしてガラスをはめ込んでおいたのですよ」と言う。
嘘か誠かはわからないが「いやーホントですか?! でも今は素敵じゃないですか!」と私は本音で言った。

5シュウメイギクIMG_6978
家の中から一枚撮らせていただいた。
見ると隣家の猫がコッチを見ていた。
花子さんだ。カメラを向けるまではこっちを覗いていたのだが、撮った時には知らんぷりを決め込んでいた。

6花子IMG_6979

隣家とも最近関りが出来て花子さんとも仲良しになったばかりだった。

令和2年10月31日(土)、ハロウィン46年ぶりの満月が見えた。いよいよ明日から11月、月めくりカレンダーもあと1枚めくれば今年も終わる。


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
 では、また明日。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント