FC2ブログ

セミたちの夏・子孫繁栄・・・Vol.2403


昨日夕刻にいつもの畑中の小道を愛犬と散歩していた。夕空も見上げたが、あまりどうということはなかった。
代わりに傍らでセミの鳴き声がし、通り過ぎたが、気になって少し戻り見てみると、アブラゼミが2匹木にとまっていた。

1子孫繁栄IMG_6763

夏の終わり、最後に子孫繁栄の儀式を行っているようだった。
このあと、ポトッと落ちて永眠だろうか。

脇の柵には、まだ抜け殻がしがみついていた。
2抜け殻IMG_6768

地上での時間を十分満喫しただろうか・・・。

令和2年8月31日(月)、午後2時半、今はまた晴れ。
川原へ草刈りに行こうと思うと空が暗くなり、ひと雨来そうな気配になる。
迷ったりしていてあれこれし、ヨシ今度こそ、となるとザーッと通り雨がやって来る。
出るのをやめてパソコンに向かう。
驚いた。葉月さんが昨日の空の素敵な雲を載せていた。
恐らく私の所からそんなに遠くないところで撮った雲だろうが、残念なことに私は目撃していなかった。
セミに気を取られていたわけではないと思うが、ジッと空を見上げている辛抱が足りなかったのだろうか。


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
 では、また。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは

蝉にとっては短い夏。
あの大きな雲の下では、生命の営みが繰り広げられていたのですね。
どちらも神秘的で感動します^^

葉月さんへ

ホントに葉月さんの雲は素晴らしい感動ものでした!
私は浮雲を名乗っていますが、恥ずかしくて返上したい気分です。
撮ることはあまりできませんが、見ることはできそうなので、これからは、「見上げる」ことにもっと精を出そうと思います。
ありがとうございました。