FC2ブログ

エルサレム・嘆きの壁・・・Vol.2371


エルサレム・嘆きの壁
1嘆きの壁IMG_6612

昼食は、谷を挟んで立つ小洒落たレストランで壁を見下ろしながら取った。
地下には店自慢のワイン貯蔵室があり、その数には驚いたものだった。
同行者にはワイン好きがいて感激して「この中で一番高い、いいものを!」などと言っていたが、私は「目玉が飛び出てはいけない。値段は適当なもので美味いものを」と陰でガイドにそっと耳打ちをしたものだった。

ゴルゴダの丘へ。
今はバザールとなっている、その入り口。
「ここの中の階段を登って行ったんだ」とガイド。
2ゴルゴダの丘へIMG_6613

エルサレム
3エルサレムIMG_6622

そういえばベツレヘムの生誕教会にも行ったが、質素なことには驚いたものだった。
道中の荒野にも驚いた。まさにアレ野だった。
「よくこんなところに住んでいるな」と思ったものだ。
“住めば都、誰がどう言おうと我が故郷”だ。みな、襟示するものがあり守るものがある。

令和2年7月26日(日)、15時、雨は降ったり止んだり、いっとき陽が差したが、今は曇り。
昨日も似たような天気だったので家からは出なかった。
だからカティサークは飲んでいない。
東京の梅雨明けは8月からだろうか・・・。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

エルサレム

今は行きたくても邦人にはなかなかハードルが高くなった気がします。
まさに命がけですね。浮雲さんが訪問されたこの当時はいかがだったのでしょうか?

MTさんへ

入出国は大変きびしかったです。死海の向こうはヨルダンですが、当時はイスラエルのスタンプが押してあるパスポートではヨルダンには入れませんでしたが…今はどうでしょうかね。帰りには4人でイスラエルからトルコに向かったのですが、出国時に私だけ別室へ連れていかれました!今も正確な理由が分かりません。たぶん「いい観光だった」とだけ言えばよかったのに、つい余計なことを言ってしまったからだろうと思いますが。