FC2ブログ

青少対・・・Vol.2344


「青少対」、呼び名は違うかもしれないが、都内何処にもあるはずだ。
青少年対策委員会が正式名称でで八王子市には37地域に地区委員会がある。中学校区に一つある。
ガラではないが不肖の私もやっている。ホントは若い人たちがやればいいと思っているが、若い人は皆仕事もあり、難しい。若い人ももちろんメンバーには入っていて頭も切れ動きも早いが、私ら年寄のようには常時動けない。女性も今は年配者でもパートなどをしており、なかなか時間が取れない方も多くなってきた。
PTAでも役員にはなりたがらないし少数が奮闘している。自分の子がいるからと言ってしまっては元も子もないが、健気に頑張っている。大したものだと思っている。まあ、地域の団体・町会などはどこも同じようなものだろうか?俊敏ではないが常時動ける者は我々のような「老人会」のようになっているのが現実だろう。

その私の地域の青少対だが、昨日、総会を文書審議にすることに決めた。
事務局は中学校に置いている。副校長(教頭)が事務局長だ。
データはすべて副校長のところにあるが、学校も再開したばかりで大変だろうからと思い、総会資料(たたき台)は全部私が作った。書面表決書は返信ハガキとして文案も作った。
データをメールで先生に送信してから学校に向かった。
一応、要領の確認を会ってしておいた方がいいと思ったからだった。

「今はまだ12時下校です。月半ばから本格的授業です」と副校長。
「助かりました。早急に処理します」と続けた。
2階から見る校庭脇の通路には用務員さんが植えた花が綺麗だった。
久々に登校してくる生徒たちも嬉しいことだろう。
青少対の“花いっぱい運動”の花です」と副校長は言った。

1学校の花壇IMG_6476


令和2年6月3日(水)、午後8時。曇ったり晴れたり。
夏に入って、夕方の雲がピンク色に染まり出して来た。これから夕刻は空が楽しみだ。

今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
早く安心安全な日々が訪れますように! では、また、明日。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント