FC2ブログ

5月連休の過ごし方・・・Vol.2304


日記の類をいくつかつけている。
ひとつが「5月連休の過ごし方」というタイトルのもの。PCに入れてある。
もう一つが「畑日記」で、これは書籍などを作製するときに束見本として作った中身は白紙のもので、いただいて日記用とし、手書きだ。途中から「花日記」のようになったことは以前ブログに書いた気がする。
この2つはいずれも個人的なものだが、もう一つ近所との付き合い日記がある。これもタイトルを「さくら会交遊録」としてPCに入れてある。

さくら会交遊録は、ご近所さん(同年輩に近い7世帯)との「呑み会」と「旅行」の記録。積み立てをしており、ある程度溜まった頃を見計らって旅に出る。飲み会の基本は夫婦そろっての暑気払いと忘年会(あるいは新年会)で、旅と酒も幹事は当番制。旅も酒も夫婦そろってのものと、男だけ、女だけのものがある。
会の名前のいわれは、「外で飲んでいるばかりでは能がない、ヨシッ公園に桜を植えよう!」と飲んだ勢いで翌日勝手に桜を植えたことから。
旅に出ると、旅館に「〇〇様ご一行歓迎!」などと玄関に木札などが掲げられるから、「桜会」は止めて「さくら会」とした。他の宿泊客が看板を見て「某スジの方たちかしら?」などとといらぬ心配をしたらまずかろうと言う配慮のつもりだった。

「5月連休の過ごし方」だが、これは、下の子どもが小学生に上がる前後から書き出した。連休が近づくたびに「連休にどこへ連れて行こうか?」が始まりだった。毎年やって来るテーマだった。「去年は、どうしていたっけ?」などと記憶が曖昧で新企画を立てるのに若干苦労したものだった。そんなことから事細かに記録し出したのだった。
やがてその時期も過ぎ、夫婦2人だけの温泉行や「1万円バスの旅」などが記されるようになり、中だるみ。そして復活の時がやって来た。
孫たちの時代の到来だ。日記も俄に活気づいてくる。
そしてタイトルもいつのまにか「我が家の1年」のようになっている。

3つの日記は、いずれも平成元年から始まっている。「畑日記」は2冊目で終了しているが、あとの2つは現役だ。「我が家の1年」については、忘却の彼方の記憶を辿って、思い出したものは時々追加記入し、その都度プリントアウトして、古いものと差し替えしニンマリしている。
個人的付き合いも書いているが、改めて見ると、ほとんどが「呑み会、日時場所誰々と」という記録だ。
中には店の名前を見ても思い出せないものもある。人の名前も「中小と」などと文字数を押さえたためだろう一文字だけにしてあるものも多く、だれのことだっけ?などというものも少しある。その時は楽しく鮮明で忘れるはずがないと思っていたのだろう。これからはもう少し詳細に書くことが必要だ。
ちなみに中小は中村と小林のことだ。今も付き合いがあるから間違いがない。

今年はコロナ禍で皆、5月の連休どころではない。どんな過ごし方をされるのだろうか?

5スズランIMG_6319

庭のスズランも咲き出した。
これは10年ほど前に近所のHさんからいただいたもので、あちこちに大分広がった。日記を見たが、何時貰ったかが書いてなかった。今度調べて日記に追加しておくことにしよう。

令和2年4月27日(月)、午前9時、朝方は晴れていたが今は曇り、青空も見えなくなった。
何か違ってるなあと思っていたので、今日はじっくりと聞いた。ウグイスの鳴き声だ。そしたら、ホー、ホケキョと鳴いていた。キが余計でこれが気になっていたのだった。いずれにしろ私に言わせれば正調ではない、今時の主流か、それとも八王子訛りだろうか?

今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
早く安心安全な日々が訪れますように! では、また、明日。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント