FC2ブログ

コロナは何の為に生きてるか?③完・・・Vol.2300


コロナ騒動のせいで(歳のせいもあるか)、TVのワイドショーお宅になりかかっていた。
しかし、緊急事態宣言が出ても何ら目に見える対策が打たれたことが実感できないことと同様にTVでもここ2か月ばかり、これと言った進展がない。感染者数などが変わるだけ。
どこの局も同じだ。(コロコロとチャンネルを変えて何かないかと選んでいるからわかる)
変わったことと言えば、専門家と言う人の顔ぶれくらいのものか。次から次へと出てくる。結構専門家がいるものだなあと驚いている。皆、きちんとした方に見えるが、いずれ結果が証明してくれるだろう。
そんなことで、飽きてTvから距離を置き出した。

でも、外出規制区域外の庭から戻り、たまにスイッチを入れる。
TVを付けると“止まり木での迷走”のネタが飛び込んでくる時がある。
“哲学的瞑想“とならないことは、自分の来し方だからやむを得ない・・・。

昨日は、外出規制で家に子どもと居る若い父親が出ていた。
「どんな工夫をされてますか?」などといったもののようだった。
「ゴールはない、と言った視点で接するようにしています」と父親。
「子どもが、いろいろと聞いてくる、話しかけてきます。明らかに答えがあるものもありますが、グッとこらえます。まず、〇君は、どう思う?」などと不幸中の幸いで、子どもとの接し方をしていますというようなことを若い父親は言っていた。感心だ。

「どんなことを聞いてくるんですか?」とTV局のアナウンサー。
たとえば・・・、
「ねえお父さん、コロナは何のために生きてるの?」とかですと若いお父さんが答える。

「おお、まるでこの親子は禅問答のようなことをしてるじゃないか!」と私。
で、また止まり木で、“コロナと人は何のために生きてるか?”をお題で、また、一杯。

令和2年4月22日(水)、午後7時、曇り。雨が降って来た。
「危機時に、今更何を言っているのか」と張り倒したくなるような政治家が多いのに比べて、子どもは凄い。ズバリ核心をついてくる。こちらが心を張られる。
止まり木で寒くても一杯やり出し、いよいよ佳境、哲学的瞑想に入りかけたら、雨が降って来て退散。まあ不肖の身としては、こんなところだろう。残ったビールをコタツの上に置いて・・・。この江戸切子は気に入っている、青い色がいい。「何のために生きてるか」終わり。

48IMG_6309.jpg


ヘミングウェイから ♬ 誰がために鐘は鳴る ♬ 懐かしのイングリッド・バーグマンと往年のゲーリークーパーで。


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
早く安心安全な日々が訪れますように! では、また、明日。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント