FC2ブログ

コロナは何の為に生きてるか?②・・・Vol.2299


自分たちのこともだが、それ以上によその夫婦のことはまったく分からない。
別にこの件に感心がある訳じゃないが、誰かが総理夫人Aのことについて言っていて、「フーン、そういうこともあるかも」と思ったからちょっと考えてみた。

Aは、若手芸能人たちと会合していたと思ったら、今度は自粛の最中に宇佐八幡宮に団体旅行に行ったとかで賑わしている。
夫である首相もAをかばう。
2人の立場からして「情けない、失格だ!」などと私は思っているが、個人としてみれば「なるほど」と思える節もありそうだ。他者には寛容が大事かもしれない、などとも思ってみる。

Aは、どうもスピリチュアル傾向の強い人らしいと言う話だ。
以前は波動の故・江本勝に心酔していたそうだ。
Aは、歌を歌うわけでもなく、霊的な人でもなさそうだが、自分らしく生きたい人、だと言う点は当たっているような気がする。
立場など関係なく、好き勝手に生きたい人であることはよく分かる。
卑弥呼になったとは思っていないだろうが、宇佐八幡にはその卑弥呼が眠っているともいう。
そんなAが首相は大好きらしい。微笑ましいことだ。夫婦はそうでなければ、とも思う。
首相もそんな傾向があるらしいと言うが、ほんとうだろうか?

もう一組がいた。Mモリトモ夫婦ダ。やはり似た傾向を持っていたとしたら合点がいく。
共感する蜜月の時は良かったが、危なくなると権力を持っているA夫婦にバッサリ切られてしまった。
なぜか同情さえしてしまうくらいだが、それから歩んだ夫婦の形は、M夫婦はとてもいい“仲良し夫婦“に見えて時々TVに映される。
面白いものだなあと感じている。

A夫婦も今は立場上“本性”を出さないで、自粛続行を願いたいものだ。
我を出す“オシドリ”ぶりは政権の座を降りてから(あるいは失脚してから)にしてもらいたいものだ。そういえばお手本が過去にもいた。危機対応の出来なかったK某首相だ。個人になったらA夫妻も彼のように“懺悔のお遍路旅”でも自由気ままにでかけたらいい。
コロナなど気合で善玉に変えて見せるなどとは言わずに(言ってはいないと思うが)、外出せずに、
今は、自粛してネ!

2ひなげしIMG_6290


令和2年4月22日(水)、午後3時、完全に曇り、陽も差さない。
卑弥呼も天の岩戸に隠れたか。ウズメの出番だが、Aさん、あなたのことじゃないからネ!
本題は次回。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント