FC2ブログ

ドローンの男・・・Vol.2274


ゲートを見下ろせる高台に登ったついでに裏山の小道を通って帰って来た。
林を抜けて畑道に出た。
男が畑の真ん中に突っ立っていた。
仕事を中断して一服している風ではない。
ジッと手元を見ていた。
スマホでもいじっているのかと思ったが、そうではなさそうだった。
見ると遠くの空にドローンが飛んでいた。

4ドローンの男IMG_6213

ドローンで遊んでいたのだった。
私は、空飛ぶものが好きだから、しばらくただ眺めていた。

6ドローンIMG_6217

しばらくして知らない旅人?がやって来た。
里山散策帰りの老人のようだった。
私以上に興味があるのか、老人はドローンの男の側に寄って行った。

7IMG_6226

意を強くしたのか男は、ドローンを忙しく操作し出した。
高く、遠く、急に手元近くに、と、ドローンを飛ばした。

向こうには高尾山が霞み、黄昏迫る平和な里山という風情の中、男が2人、それを見ている男(私)がひとり、平和そうな風景だった。

今日の1曲 ♬ TOKIO ♬ 空を飛ぶ


令和2年4月5日(日)、午後4時、ついさっきまで薄曇りだったが晴れて来た。昨日を思い出していた。
今日は“外出を控え“ているため、おかげで溜まった記憶をこのブログ日記にいくつか書き残すことができた。これも”よしっ“だ。
衝動買いの5冊目『ペスト』が届いているが、読書は遅々として進んでいない。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント