FC2ブログ

ネット騒動・・・Vol.2254


ごくたまにバイトをしている。
その雇用主F社から電話があり、「1枚写真を撮って来て送ってくれ」と言って来た。
昨日は八王子でもついに感染者が出たので、出かける気にならなかったが、酒代欲しさに出かけた。
写真は芸術的なモノでなく「写っていればいい」とのことなので私でも大丈夫とのことだった。
午後3時までに送れということだったので午前中に撮って家に帰った。余裕だ。

テレワークが流行っているようだが、私などだいぶ前から在宅勤務バイトだ。
メールが送れれば片が付く。F社に行くときは飲みにいくようなものだが今は控えている。
寄る年波には勝てず、「高齢者が危ない」などと言われれば、「そうか俺のことか」で気弱にもなっている。

午後1時過ぎに写真をPCに取り込んだ。
さて送信しようかと思ったが、インターネットが使えない。
電源を切ったり再起動をしたりルーターをいじったりしたが埒が明かない。
そんなことをしているうちに3時近くになって来た。
そうか、隣の御主人は今日は休みだ、私よりは機器にも明るいし、「彼のPCで送ってもらおう」とメモリーカードを持って隣を訪ねた。
「いやー、私もかれこれ1時間近くもいじっているのだが、ネットが機能しないのです」というではないか、「これは、原因は別のところにありますね」と言う。

これで一応、自分だけの話ではないことには納得。
“感染爆発“の前触れか?などと縁起でもないことが頭にチラついたが、すぐF社に「送れない」旨を電話した。写真のコメントだけはFAXで送ることにしたが、肝心の写真は?
「スマホの写真でもいい」と言われたがスマホでは撮ってこなかった。
PCに取り込んだ写真をPC画面でアップしてスマホでそれを撮って送ってみたが「これではやはりダメだ」と言う返事。
すぐに「今、バイク便を手配したからメモリーカードをバイク便に渡してくれ」と言って来た。
予定時間をだいぶ過ぎてからバイク便がやって来た。4時を過ぎていた。
無事にバイク便の彼にカードを渡した。
「高速を使って帰る」のですと彼が言う。そうすると5時ころまでにはF社に着くなと思い、社にその旨を報告した。「OK、間に合います。お疲れ様でした」と担当の声。
控えですと渡された伝票を見たら16400円できちんと高速料金も入っていた。
「おお、おれのバイト料と同じじゃないか」と思って悪い気がしたが、私が払うわけではないので良しとした。

バイク便が去ってから一段落してホッとしコーヒーを淹れ、ひょっとしてと思いPCに向かった。
なんとネットが通じるではないか!
少しでも早い方がいいと思って早速にF社に写真を送信し、その旨を電話した。
担当は「なんだ!」とは言わずに「助かります!」と気持ちの良い返事だった。
スグ隣の御主人に話すと「そうなんです。私もたった今通じた所だったんです」と言う。

そんなことで一件落着し5時近くになっていたが、愛犬との散歩に出た。
見たら近所で電気工事をしていて電線をいじっていた。いつもは工事のご案内があるけれど今日はなかった。何か急を要することがあったのかもしれない。
「こいつのせいか!」などと思って電線工事に取り掛かっているクレーンの先の篭に乗って作業をしている人を見上げたが、口には出さなかった。
「いつだったか、電気工事くらいでは影響はないよ」と誰かに言われたことを思い出してもいたのだった。
それにしても、なんだったのか?

令和2年3月26日(木)、午後7時半。今日も晴れ。
ブログも書けている。写真も載せられる、OKだ。畑道の桃の花もきれいだ。
1畑道IMG_7101


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
早く安心安全な日々が訪れますように! また明日。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

当方のネットもダウン

昨日は、私の自宅の地域のネットも昼間からダウンでした。武漢肺炎の騒動で皆さん自宅にいるので、インターネットへのアクセスが多すぎたのではと私は考えております。ところで、浮雲さんはスマートフォンをお持ちのようなので、写真などのデータはPCからスマートフォンへUSBケーブルで転送して、それからライン、ハングアップ或いはテキストメッセージ等に添付して送れるはずですが。高画質であれば、googleドライブ等のクラウドで送れるはずなのですが。

ありがとうございます

お恥ずかしい限りです。
ありがとうございました。
ところで東京は感染者が今日は60人でした。
自粛要請が効き、都心などは静かなようです。
さて・・・。