FC2ブログ

感染地図・・・Vol.2246


アマゾンに発注して2日後、まず『感染地図』がやって来た。
パラッとめくってみたが、まず驚いた。
150年前のロンドン・ソーホー地区から話が始まった。
バンコックやマニラのスラム街は、そこで生活指導や就労支援をしている現地NPOの案内で見たり歩いたりして少しは知っていたが、150年前のロンドンの酷さはその比ではなかったようだ。
“ゴミ漁りたちの街“だったというロンドンでは最下層階級の人々が、骨拾い、ぼろ集め、犬糞集め、下肥屋、などなどに10万人以上が従事していたという。テムズ川も汚泥の川だったようで、川底さらい、河岸受け、などがいて、コインなどをさらっていて、「ドロひばり」と呼ばれる子どもたちが”川底さらい“が価値なしと捨てたロープの切れ端などを拾っていたそうだ。

その街に、何が何だか正体不明、だが、底知れぬ恐怖と苦痛がやって来る。
未知のウィルスとさえわからない。というような予感を感じさせながら、話は続く。
河出書房新社、2007年発行。

日本では、幕末。志士たちが京や江戸の街を疾駆していた頃だ。

37感染地図IMG_7059

令和2年3月19日(木)、午後6:半、暖かく気持ちのいいまさに春という一日だった。
今日はアマゾン衝動買いの第2弾、『かぜの科学』『破船』が届いた。
少し忙しくなってきた。“読書の春“になりそうだ。秋が来ないうちに読破できるか?

今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
早く安心安全な日々が訪れますように! また明日。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント