FC2ブログ

トップの決断・・・Vol.2110


令和元年は台風15号・19号など水災害、令和2年の今年は新型コロナウィルスではじまった感がある。明るいニュースであるはずの東京オリンピックの話など吹き飛んでいる。
「不要不急な会合は・・」などで喧しいが、言われなくても“高齢者“の私などもう自粛モードに入っている。
普通の会合はさっきも一つ出てきたが、これはやむを得ない。
ただ、老い先短い・人生の喜び=大好きな街中の居酒屋での飲み会は、控えている。
そして心配をしている。
コロナ騒動が長引けば、好きな居酒屋も何軒か潰れてしまうのではないかと。外国人目当ての商売も心配だ。

昨年の台風19号に関わることだが、先日、友人Sを見直した。
呑み会でない会合で「情報共有と個人情報」といったような件でSが言った。
Sは、浅川が今生きている人は誰も経験したことがないほどの大洪水に襲われた地区の町会長だ。
早くあそこの家のXさんを避難させろ!」とS。
「町会長、Xはダメです。町会員でもありませんし、民生委員が情報提供をお願いしても個人情報をタテに関わってくれるなというXのようです」と若い衆。
「バカ言うな!個人情報と命とどっちが大事だ!俺が全部責任を持つから、Xがだだをこねても引っ張って来い」とS。
結果はXの家は少しやられたがXの命は救えたそうだ。

それなりの同じようなポジション=トップにいても、緊急時には、どうも2つのタイプに分かれるようだ。
腰が引けたままズルズルと決断できないものとSのように決断し実行できるもの。
最近は呑み会時のSのイメージが強かったが、あらためて“いい友”だったんだなと思った次第だ。

「昨年の経験から言わせてもらえば、いざという時の公助は全く役に立たなかった。共助、近隣の者同士が力を発揮する」ともSは言った。

令和2年2月20日(木)、黄昏時。いつの間にか空は雲が覆っている。
先ほど犬の散歩に行って来たが、驚いた。近くの湯殿川沿いに河津桜があるが、昨日は一輪も咲いていなかったが、チラホラ咲き始めていた。写真は昨日の桜の木。今日はカメラを持って出なかった。
2河津さくら0219


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

早く安心安全な日々が訪れますように!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント