FC2ブログ

免許返上・・・Vol.2108


免許返上、しなくて良かったという話。

歳だし、膝は痛いし、アクセルとブレーキも踏み間違えるかもしれない。
このところ車の運転をしばらくすると膝が痛くてたまらない。
危ない傾向だ。
しかしまったく返上する気はない。
こういう老人が事故を起こすのかもしれない。

先日、用事があり遠出した。
当初は新幹線利用の予定だったが変更した。
TVで「市中感染が始まった。新幹線も要注意で、弁当の食べ方は」などと好き勝手なことをコメンテーターが喋っていた。
「座席の背もたれ椅子のテーブルを引き出し、弁当を置き、食べる準備が出来てから一度手を洗いに行く」のですなどと宣っていた。
何をバカなことを!」などとも思ったが、結局は新幹線乗車が怖くなってきた。
やはり歳だし、マスコミは盛んに「特に高齢者は要注意」などと言っている。昨年までは「高齢者?誰のこと?」などと、高齢者は他人ごとだったが、今は違う。「我が事のように思えて来た」
そうなると不思議なもので妙にソワソワ・ドキドキしてくるものだ。
そう思うとクルーズ船の面々はそれ以上に胸を締め付けられる思いに違いないと、まるで同志になったような気持ちになるものだ。

で、結局車で行った。車内は1人きりなので、無接触隔離状態だから、咳をしようがおかまいなし。
タクシーとかハイヤーではない。それも怖いからじゃない、ただ金がないからだ。
膝の痛みが心配だったが、走行中に伸ばしたり、さすったり、足の親指体操をしたりSAでマメに休んだりして自家用車で行って来た。何とか運転は無事だった。
SAでは、コーヒーを自販機で買い車中で飲んだ。お店前のアルコール消毒液は丁寧に使わせていただいた。トイレにも置いてあったが「なるほど!」と変に感心した。「オツ、無防備に置いてあるじゃないか」などと不謹慎な想いも湧いた。
お持ち帰りなさらないでください」と張り紙がしてあった。
世相を敏感に反映していた。

車にしたのにはもう一つ理由がある。
行先は、まだ感染者が出ていない某県だったが「新幹線でやって来た人」などと無用な心配をさせても申し訳ないだろうと勝手に考えてのこと。

清めたまえ。
清めたまえIMG_2196

令和2年2月18日(火)、暇人閑居してロクでもないことばかり思うもの。電車通勤など仕事をされている方々にはホントに申し訳なく思いつつ。午後7時、さてTVをつけて「コビット19」の動向は?

今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

明日はどんな日になるのだろうか

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント