FC2ブログ

啄木鳥・・・Vol.2100


以前、トンネルの上の道で出会った老人が「死ぬ前に完成した道路を見たいもんだ」と言っていたが、私も同様に「やがてどんな風景に変わるのだろうか」などと感傷に耽って山道を登り切り、林の中に入った。

突然、コンコンという音が響き、愛犬プーキーが上を見た。
私はすぐに「キツツキだな」と察してカメラを取り出した。
「いた!」

2きつつきIMG_6924

鳥のことは詳しくないが、木を突っついていたから“キツツキ”でいいだろう。

更に上を見上げると、冬の青空に裸の木々が映えていた。
もう少し待てば、裸木も夕日で真っ赤に染まるだろうが、辛抱できずに「ジイチャン、行くよ」と言うプーキーの声に促されて林を抜けた。

2梢IMG_6923


令和2年2月5日の夕暮れ時のことだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント