FC2ブログ

聖者の行進・・・Vol.2074

リボンIMG_6867


年末近くになると心が弾む。
クリスマス、そしてすぐに大晦日がやって来る。
我が子の時も孫の時も、内緒でプレゼント買いに行き、見つからないようにソットと隠して夜を待ったりしたものだ。

最近は、別に見捨てられたわけではないだろうが、サッと娘と妻だけで買い物に行っている。
女同士の方が楽しいのだろうと、それで「ヨシッ」としている。
確かに面倒くさくなってきてはいるが、少々寂しい気もしている。

厳かに聖夜をお過ごしされる方にはお叱りを受けそうな話で恐縮だが、この時期は、また別な想いも湧いてくる。
年末向けの“宴会芸”だ。もう死語だろうか?
昔、忘年会で某先輩が披露したことがあり、面白くて簡単だったので、「いつかやってやろう!」とひそかに家で真似(特訓)をしてみたことがある。
しかし、そういう時代はあっという間に過ぎ、ついに特訓の成果を見せる時は訪れなかった。

まだ、そういうことが歓迎される環境にある方向けに、ご紹介したい。
品がいいとか、優雅だとか、そういったものではない。
ただ不思議とマッチするように思えるところだけがいい、と私は思っている。

用意するものは味噌汁茶碗2つだけ。
片手に一つずつ持ち、あとは歌を歌うだけ。
歌は ♬ 聖者の行進 ♬ これにあわせてお椀を突き出す。

まず最初の出だしは、♬ 「お椀出せ」と歌い、右手のお椀を前に突き出す。すぐに続けて「お椀出せ」と歌い、左手のお椀を突き出しながら、前に進む。あとは曲が終わるまで「お椀出せ」のみを曲にあわせて繰り返し歌う。お椀は交互にだしながら、足は右や左や前や後ろに運ぶ。最後は「おー椀だ・せ」でぴったりと締めくくる。



ふと思い出したが、誰が考えたか、今も笑える。
「そんな程度か、暇な奴め」という声も聞こえてきそうだが、年末のこと、笑い飛ばしていただきたい。

令和元年12月24日(火)、午前11時30分。快晴、薄い雲あり。室内温度14度、湿度48。
昨日、愛犬の散髪に行って来た。見ると正月仕様でなくクリスマス向けになっていた。
トリミングの優しいお姉さんがリボンというか蝶タイをつけてくれていた。帰り道で出会った小学生の女の子には大人気だった。自分では恥ずかしくてできないが「お店でつけてくれたんだ」などと言い訳の必要はなく子どもたちは「ステキ!」と喜んでくれていた。
先ほど妻に「何もそこまですることはないじゃないの!」などと言われながらも外に連れ出して記念写真を撮った。


今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

いい日となりますように.! メリークリスマス




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント