FC2ブログ

MGC文句は言わせない・・・Vol.2029

minaベストを尽くした。
東京五輪出場を決めた男女4人以外は、悔いも残るだろうが、やり切った結果だから仕方がない。
設楽の勇気にも脱帽、あのまま行かせたい気持ちも強かったが、結果はやはり難しかった。
井上や私の好きな選手たちは残念だったが、健闘に感謝だ。

1位の中村匠吾(駒大から富士通、26)は凄かった。終始、設楽の後の第2グループでいい顔つきで前を見つめていた。駒大3年の時にオリンピック東京招致が決まり、それを目指して大八木監督と今日の日を迎えたという。富士通もたいしたものだ、それを許容し、懐の深いところを見せた。箱根ではこのところ青学の原監督にいい所を持っていかれていたが、大八木も感慨ひとしおだろう。

男子4強と言われた中で、設楽、大迫、服部は見せ場を作った。服部は2位で東京をゲット、3位となった大迫も95%は固いのではないか。27位に沈んだ井上は、当然残りの3大会のどれかに賭けてくるだろう。設楽は、大迫は・・・、それとも新星(歳も実績も関係なく)がでてくるのだろうか?
男子は、12月の福岡、3月の東京と琵琶湖、女子は12月の埼玉、1月の大阪、3月の名古屋が残るひと枠を決める対象大会と決まった。残りの男女各ひとりは、男が2時間5分49秒、女が2時間22分22秒を上回ればいい。2017年度以降の日本人最高タイムが設定タイムだ。時間だけが勝負で明快だ。このタイムをクリアしない場合はMGC3位の大迫、小原が東京五輪の代表に決まる。誰にもわかりやすい。

選手には申し訳ないが、“お楽しみ”はまだ続く。
そして来年は、本番!

[TBSテレビで回想]
① 39kmで中村がスパート、3人が追う。
1の39,2㎞出るIMG_5091

2中村IMG_5092   3中村IMG_5093   
  
② 39.8km、中村のいい顔。
4いい顔だIMG_5094

③40㎞地点の3人の位置。このあと41.04㎞過ぎ大迫がトップに出る。
が、すぐに中村がトップに!
5の40kmIMG_5095   6の3人並ぶIMG_5096

③ 41.9㎞地点で勝負あり! そしてゴール!
7決めるIMG_5097   8テープIMG_5098

④ 写真は、中村選手
中村匠吾IMG_5099


令和元年9月15日(日)。21時。室内温度27度、湿度56.外では秋の虫たちが競演している。
2位の鈴木(日本郵政、27)と4分ばかりの差をつけた女子トップの天満屋・前田穂南(23)選手は病院へ行ってしまい勝利の声を聴くことが出来なかったが、大丈夫だろう、明日あたりのコメントが楽しみだ。
天満屋といえば、あの憎めない松野明美の「私を選んでください」発言を思い出すが、いい選手を輩出している。武富監督だ。

スタート前に国家が歌われたが、緊張したのだろう、コブクロの小淵さんの声はひっくりかえっていたが・・・プロとしてはと言う人もいるだろうが、私としては驚いたが悪くはなかった。真剣勝負の場が伝わった。が、今日の1曲は 陽水で 皆ガンバレ ♬ 東へ西へ ♬



今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント