FC2ブログ

もうすぐMGC・・・Vol.2026


今度の日曜日(15日)が楽しみだ。
マラソングランドチャンピオンシップだ。

オリンピックのマラソン選手選考については、今まで多くの人には不透明な部分も多く、何かと物議を呼んだりもしたが、今回、東京五輪に向けては、スッキリといきそうだ。
瀬古をリーダーとするプロジェクトチームに敬意を表したい。

この2年間かけてMGC出場者を決定し、男31人、女12人が出場権利を得た。
MGCの結果で男女各2人が決定。残る男女各1人は、今後の指定3大会(男女それぞれ)での結果から選ぶという。「ファイナルチャレンジ」と称し、男が2時間5分49秒、女が2時間22分22秒という設定タイムをクリアしなければならない。この上位者が最後のひと枠となる。設定タイム突破者がいない場合はMGCの3位が代表となる。

MGCは誰の眼にもはっきりとわかる。皆、一発屋ではなく実力者ばかりだが、勝負は一発で決まる、と言っていい。しかも誰にも約2年の準備期間があった。調整等の失敗や言い訳は効かない。
ラビット(ペースメーカー)もいない、誰がどんな仕掛けをするか、ペースは速いか遅いか、天候は出来れば熱いと想定されるオリンピック本番のような天気も期待したいような気もするが、果たして・・・。
ファイナルチャレンジも明快、とにかく設定タイムを上回る速い走りをすればいい。日本記録が出れば
また1億円はゲットできるのだろうか?

怪我無く、皆、スタートラインに立てますように!

令和元年9月12日(木)、13時、曇り、室内温度27度、湿度55。
MGC当日は、37㎞地点辺りで応援しようかどうしようか、今は迷っている。一応ワンセグの調子もOKだが・・・。
男は、4強と言われる大迫(28)、設楽(27)、井上(26)、服部(25)。好きな選手の園田隼(30)、佐藤悠基(32)、村沢明伸(28)の奮闘を祈っている。女では、37歳になる福士加代子が魅せてくれそうな気がしている。
いけない、堀尾謙介(23)を忘れるところだった。中大の学生時代に権利を得、今はトヨタ自動車所属だが、健闘を祈る!

井上IMG_6504   福士IMG_6505
(井上大仁と福士加代子、読売新聞から)

今日の1曲、高橋優で  ♬ 明日はきっといい日になる ♬



今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント