FC2ブログ

紙飛行機・・・Vol.2025


このところ夕焼け空が綺麗で見飽きない日が多い。
昨夕も湯殿川沿いを歩いていたら、御霊神社の向こう、高尾山の上に陽が落ちかかっていた。

5夕焼け光の線IMG_6499

夕景色はあっという間に変わる。
「おい、プーキー、見て見ろよ」などといっているうちに、光の線は消えた。

令和元年9月11日(水)、午前11時、室内温度29度、湿度74。薄曇りだが今日もこれからもっと蒸し暑くなってきそうだ。

先日2回ほど夕焼雲のことを書いたが、肝心なことを書き忘れた。
色なども心奪われるが、先日は「紙飛行機のようだな」とまず思ったのだった。

3紙飛行機IMG_6490   4紙飛行機IMG_6355


以前、単身赴任時の帰り道、よく口ずさんだ歌が♪紙飛行機♪だった。
当時の勤務先は、丘の上にあり、車通勤だったが、ある時から徒歩で通うようになり、帰り道は車道から逸れた畑中の小道を♪白い紙飛行機♪などと時には大声で歌って下ったものだった。
歌は明るいものでなく、気持ちはブルーでもなかったが、なぜかよく口をついて出た歌だった。



昨夜のミャンマー戦、2:0。まあ良しというところだろうか。
後半は明らかにミャンマーの「日本を倒してやる!」という気迫・精神力には負けていた。
とも思ったが、それも織り込み済みで無理をしなかったのだろうか。
久保が風間八尋の記録を破り、代表・日本史上最年少出場記録を18歳98日で達成したが、森保監督の親心でもあったかもしれない。いつまでもこの件で騒がれたら彼のために良くないとも思ったのではないか。次は最年少ゴールはまだかで騒がれるだろうが、いずれ決めるだろう。
キャプテン吉田も、いい顔になって来た。もちろん中島もナイスゴール!だった。
皆、お疲れさん!

今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
秋の空の写真、3枚とも素敵ですね。
もの想いの秋、などと言いますが、空から草花、波の寄せ方に至るまで、秋の全てがそんな気にさせるのですよね。
ありがとうございました。

老馬さん、ありがとうございます

どうということのない日常ですが、結構いいものですね。
「埋め草」なつかしい言葉でした!