FC2ブログ

ヘレン・ケラーとチャップリン・・・Vol.2014


2人には共通点がある。
ひとつは、大の日本好きで、チャップリンが4回、ケラーが3回来日している。
初来日はチャップリンが昭和7年(1932年)でケラーが1937年。

2人とも88歳で世を去った。
生まれたのはヘレンが1880年、チャップリンが1889年。

名言も多い。

ヘレン・ケラー
ひとつの幸せのドアが閉じるとき、もうひとつの幸せのドアが開く。
しかし、私たちは、閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気づかない。
When one door of happiness closes, another opens.
But often we look so long at the closed door that we do not see the one which has been opened for us.

チャップリン
下を向いていたら 虹を見つけることはできないよ
You’ll never find a rainbow if you’re looking down.

サバンナの虹DSC_0378
(サバンナの虹アルコイーリス、ベネズエラ)

名言は自分の歳ではもうあまり役立たないような気もするが、誰かに伝えたいセリフではある。
さア、もう少し記憶を辿って、止まり木時の肴を増やすことにしよう!

令和元年8月30日(金)、午前10時、シトシト雨、時に強い。
今夕は、雨で止まり木での一杯はできないかもしれない・・・。
室内温度26度、湿度79。

♬ ホームにて ♬ 中島みゆきの歌は好きだ。

が、ヘレンに言わせれば「さあ、乗車券を燃やせ。次のドアが開いてるよ」かもしれない。
が、名言は名言、歌は歌、かな?


今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて   では、また明日!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント