FC2ブログ

奇跡の人とウオッラッ・・・Vol.2013


チャップリンで思い出したが、映画といえば昔は小学校の体育館でも観た。
文部省推薦映画というようなもので小学生の頃に見せていただいたものだ。
全国各地を巡回していたのだと思う。

その中の1本だったと思う。
『奇跡の人』だ。
そう3重苦の人、ヘレン・ケラーの物語だ。

サリバン先生が、井戸からくみ上げた水を、ドシャッとヘレンの手にかける。
「これが、ミズ!」
やがてヘレンが声にならない声を発する。
「ウオッ ラッ」と。

まあ、今となっては記憶があいまいだが、そんなふうに覚えている。
衝撃的な映画だった。

サバンナの滝_2472
井戸水ではないベネズエラのサバンナの滝だが、こんな滝に打たれたような衝撃だったのだろうか。

ウオッラッでは、もう一つある。
それは自分の意志で率先して見に行った映画だった。
『燃えよドラゴン』 ブルース・リーだ。
立ち回りの凄さにも圧倒されたものだったが、中でも彼の人を倒した時のあの奇声!あれには驚いたものだった。
私には、「ウオッラッー!」と聞こえたものだった。

ヘレン・ケラーの喜びの声とブルース・リーの哀し気な叫び声、記憶の中ではこの2つが一緒になって残っている。

つくづく映画ってイイネ!だ。
そういえば「サヨナラ、さよなら」の淀川長治氏は逝ってもうどのくらいになるのだろう。

令和元年8月29日(木)、21時。日中は暑く蒸していたが、陽が落ちたら、過ごしやすくなってきた。
止まり木では時々の風が気持ちいい。

柳はないが、



今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて   では、また明日!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント