FC2ブログ

In Wine ・・・Vol.2001

「たまにはうちの方に出てこないか?」と友人N。
「Kにも連絡しておく」とN。
そんなことで昨日は武蔵小山まで出かけた。
「飲み過ぎないように!」と妻。
「もちろんだとも!わかってるよ」と私。

Nの会社で冷酒を少々やってから、Nの行きつけに場所を変えた。
「まずはここのアスパラ!うまいんだ!」から始まった。
「おおっ、ホントにうまいなあ!」とKと私。
それからそれぞれのアスパラ話が始まった。

「ドイツの白アスパラも旨かった。旬の季節しか食べないというが、かろうじて間に合った」
「単身赴任の時のアパートの踊り場でもよく食べたものだ。2階建て東と西に外階段があり、私の部屋は西の角部屋。西の階段を使うのは私だけ、私の専用階段といった感じだったので、その階段を上り切ったところが私の一杯飲る場所となっていたんだ。ベランダより広いし、何しろ風が気持ちよく通った。そこで安ワインやビール、アスパラをさっと茹でて肴にしていたもんだ」
以上が私のアスパラ噺。

ビールで乾杯。Nは白ワインが好きだと言うので、ここはNのシマ、文句は付けない。
白は美味く、いつのまにか2本が空き、いつのまにか私の好きな赤が出ていた。

In Wine There is Truth 酒席に真実有

高校以来の仲間だから、酒が無くても本音で過ごせるが、
やはり酒が入れば、また格別。

かくして時が経った。
まだ早い気もしたが、宵の口から飲んで4時間ばかりがすぎていたのでお開きとなった。
武蔵小山商店街はまだ賑やかだった。

1商店街IMG_6319

なぜか山手線内でも写真を撮っていた。

2原宿IMG_6328   2次は代々木IMG_6330

時間を確かめたのかもしれない。
このあと、新宿で京王線に乗り換えた。
矢張り少々飲みすぎたかもしれない。寝過ごして一駅先まで行き、戻る羽目になった。

が、妻には言わず、「ただいま!」だった。ギリギリ12時前だった。

令和元年8月20日(火)、20:00、夕立があったおかげで、外の止まり木の一杯も快適だった。
止まり木で昨夜のことなど思い出していた。

🎵 男と女のラブゲーム 🎶


今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント