FC2ブログ

HANAZUKA シェフ杉原・深夜食堂・・・Vol.1995

Jr八王子駅北口に出て、歩いて2分、三崎町の東横イン脇、割烹むらやま前にある。
HANAZUKA シェフ杉原の看板が出ている。

映画「深夜食堂」がイイネ!と言うことで、先日までは深夜食堂と名付けていたが、替わっていた。
深夜食堂→シェフ杉原、となっていた。

じつは深夜食堂という名には魅かれていた。
雑然とした多国籍料理の雰囲気が感じられたからだ。
狭い階段を上がり、店に入る。
何とそこには白を基調にした南欧風とでもいおうか、洒落た空間が広がっていた。
イメージとは大きく違っていたが、こんな雰囲気も嫌いではない。
料理もおいしく酒も進んだ。
お客が「こんな美味しい本格的な料理をだすのだから、食堂という名より、ズバリとシェフの名前をだすべきだ」などと言ったのかもしれない。

「皆さん、よく飲まれますねえ!」とシェフの杉原さん。
「皆さん、おいくつなんですか?」と雑誌の編集者で店も手伝っているジュジュママこと奥さんが聞く。

6時だヨ、全員集合!
で、7世帯13人が集まった。(1人は体調を崩した娘と孫の世話のため欠席)
「65~80近くまでだから、平均すると70歳くらいかな・・・」

「写真撮りましょう!」とママさんがスマホを取り出した。
シェフにも入って頂いて撮って頂いた。ついでに私のカメラでも撮って頂いた。

2全員集合IMG_6282 - コピー


令和元年8月13日(火)、午前10時半、曇り。お盆初日。
全員集合!の呑み会は11日(日)の夜。
昨日は、妻の両親が眠る墓掃除兼墓参りで遠出をしてきた。
義兄が10日ほど前に掃除をし脇の竹林の竹なども数本切り倒して綺麗になっていたが、私もさらに10本ばかり竹を切り倒して風通しを良くしてきた。
「来年は、竹が成長する前、竹の子の頃に一度来るか」「竹の子の時だと、切るのに手がかからないし、持って帰って食べれるし・・・」「いいね、いいね・・・」などと流れ落ちる汗を拭きながらたわいもない会話が弾んだ。
さア今日は、気持ちよく、雲に乗って、やってきてくれるだろうか。

今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント