FC2ブログ

同じ空の下に・・・Vol.1992


旅行2日目は、下部温泉から一気に南へ下った。
1時間ほどで清水の街中に入り、30分弱で日本平に到着した。
新国立競技場で一般にはすっかり有名になった隈研吾氏の設計による「夢回廊」が目的地だった。

回廊に立つと向こうに富士山が浮かんでいた。
昨日は雲の中で見えなかったが、今日は周りは雲に覆われていたものの「ああ、あれが富士山だな」と誰にも分った。
友人IMが時々散策する興津、「たぶんあそこあたりかな」などと思い眺めていた。

18夢回廊と富士山IMG_4721

櫻珈琲店戸田書店この街のどこかにあるのだろう。

「あの山のこちらがJR静岡駅か。するとEtudeさんはここらが拠点か」
「ブログに出てくるバー“Eternal Buddy”にも寄ってみたかったなあ」
Unagiさんも、老馬さんも、この同じ空の下、そう遠くないところにいらっしゃるのだろう。

19静岡駅IMG_4724

なぜか私のブログにリンクさせていただいている方の中で4人も静岡所縁の方と思われる方がいらっしゃるのだ。
皆繊細な方のように思われてガサツな私とは縁遠い方のようだが、それぞれのブログが好きで楽しませていただいている。

残念ながら今回は団体旅行。
幹事の言うまままに観光をしなければならない。
興津辺りも歩いて見たかったが自由は利かなかった。

回廊脇ではセミも鳴いていた。
20セミIMG_4719


令和元年8月7日(水)、午前10時半。快晴。猛暑。
夢回廊にて。


♫ パリの空の下 セーヌは流れる ♫ 読み替え、静岡の空の下で・・・。



今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

夏のいっぷく

いつの日か一緒に清水の町を歩くことがあったら、帰省したさくらももこがひとりタバコを吸っていた(本人談)大楠の根方にご案内しましょう。僕が生まれた家から数十メートル、櫻珈琲へも一本道です。

なかま

さくらももこが、急に身近なひとになりました。
その時はぜひ。
音をひろったのは、あっちの山とこっちの海辺だな、などとも炎天下でしたが、想いを馳せました。