FC2ブログ

夏が来た・・・Vol.1976


梅雨の長雨やら不順な天候で花もやられたり、秋桜も倒れたりした。
雨の合間を縫って、支柱を立てたりもした。

そんなことやらが懐かしくなるくらいに、急に猛暑がやってきた。
久々に「熱中症対策は・・」などと言う声が飛び交い出している。

「帽子を買いに行ったら、私のサイズのものは、もうみんな売り切れていたわ」などと妻が言う。
「日傘があるじゃないか」と私。
「そうね、古いのじゃなんだから、新しい素敵なのを買おうかしら」と妻。
「もったいない・・」とは思ったが、口には出さなかった。

「そうだね。互いに人生、長くはないから、素敵なのがいいね」と言った。
これも本音。

「あら、私は別としても、あなたはまだまだ長く生きるわよ!」と妻。
そういえば、時々言われる。
どうやら本気でそう思っているのかもしれない。
「しぶといタイプ」と思っているのだろう・・・。

夕暮れ時、“満足”という止まり木脇に、トンボが羽を休めていた。
なんだかんだと言いながら、もうじきまた、“贅沢”な時間がやって来る。

2トンボIMG_4502


令和元年7月30日(火)、午後4時。まだ外に出る気は起きない。風も出ていないようだ。

夏になると、なぜか海やピンキーが浮かんで来る。


今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント