FC2ブログ

札幌・藻岩山ハイキング No.7・シニア様・・・Vol.1958


丁寧な親切な方だった。

夜8時までに行かなければならない約束があり、登山開始時間もやや遅かったので、万が一遅れてはまずいと、帰路は歩くことをあきらめてケーブルカーに乗った。

下界まで片道900円だった。
券売機でマゴマゴしていたら、係員が寄って来た。
私はすでに1000円札を入れていたが、操作がよくわからずモタモタしていたのだ。
「私がヤリマショウ」と係員が言った。
彼はかがんで操作しかかったが手を止め、私の顔を見上げた。

「ひょっとして、シニア様ですか?」と言った。
一瞬、? と思ったが、すぐに理解して、「ええ、残念ながら、そうですが・・」と答えた。

彼は操作をやり直し、シニア券とおつり280円を私にくれた。

18シニアIMG_4455


大人900円のところ2割引きの720円だった。
嬉しいような複雑な気持ちがしたが、「おお、ありがとう!」と感謝した。
シニアになって時間は大分経つが、初めての経験だった。

後日、家に帰ってから妻にこの話をしたら、「65歳を過ぎれば、シニアには恩典があるのよ、知らなかったの?」などと言われてしまった。どうやら妻はこの手の恩典には時々浴しているらしかった。

しかし、係員の親切な対応には大変感心したが、同時に「顔を見ただけで、もうシニア様といわれるようになったか!」と少々切ない思いも込み上げてきた藻岩山山頂ケーブルでもあった。

複雑な感動をしてシニア券を握りしめて帰ってきたのだが、今、改めて見直したら、ケーブルではなくロープウェイと書いてあった。

♫ 帰らざる日々 ♬


今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

令和元年7月16日(火)、午前9時半、曇り。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント