FC2ブログ

コパ・アメリカ 6 第2戦目 C エクアドル ・・・Vol.1937


日本と同じグループCの2戦目、残る1試合、エクアドル対チリ戦が今朝行われた。
7分にチリがゴールをゲットし1:0。6番ホセ・ペドロ・フェンサリダ(クニペルシダ、チリ、34)がCKからのこぼれ球に反応し豪快に蹴り込んだのだった。
このまま順当にチリが勝つかと思ったが、なんの、25分にエクアドルがPKを獲得し、これを13番バレンシア(ティグレス、メキシコ、29)が決めて1:1と同点にする。

51分、均衡を破ったのはチリの7番サンチェスのゴールだった。日本戦でも得点をあげたマンチェスターの選手だ。エクアドルの善戦も空しく、2:1で試合は終了。チリは勝ち点6となった。

これでABC各グループの2戦目がすべて終了した。
現段階で決勝ラウンドに進むことが決まった国はCのチリとBのコロンビアの2か国のみ。
勝ち点4がAのブラジルとペルー、Cのウルグアイの3か国だが、3戦目の結果を待たないと、どこが抜け出すかはわからない。
日本は3戦目のエクアドルにまず勝ってC組3位にならなければならないが、ABの3位の中から上位2か国のみが決勝ラウンドに上がれるので、勝ち点で並んだ場合は得失点差がものをいうので、より多くの得点を取っておくことが求められる。相当に厳しい道のりだ。
ただ、Bのコロンビア対パラグアイでコロンビアが勝つとパラグアイの勝ち点は2、アルゼンチン対カタールがドローの場合は両国とも勝ち点が2となり、日本が勝っていれば4、勝ち点で上回れるので日本が上に上がれる。

まあ、いろいろなパターンがあるので、“とらぬ狸の・・・”は、止めておくことが無難というものか。とにかくエクアドルには申し訳がないが、日本は勝たせていただく、出来れば大差で!念、破っ!!!

明日未明同時にAの2試合、明後日24日未明同時にBの2試合、25日朝8時にCの2試合。

令和元年6月22日(土)、雨。ひたすら日本の勝利を願いつつ。

次回は日本が勝ち日本の画像にしたいから、今日は、エクアドルに機会を譲ってエクアドルの回想写真でコパ日記を閉じよう。

1赤道直下IMG_3017   2実はIMG_3028
エクアドルは何と言っても赤道直下の国。サンアントニオ村、右が北半球で左が南半球、その境の線を跨いだ。本当の赤道直下は、北に150mばかりずれていたが巨大施設は完成してしまったので、「ここでヨシ」としたとか・・・。右の写真が実際の赤道直下。もちろん、ここもテーマパークのようになっている。個人経営のようなものだが・・・。

3キトIMG_3034   5キトIMG_3066

6山IMG_3069
エクアドルの首都キトの街(標高2850m)。町の北にあるピチャンチ山(標高4794m)に登り、4100mばかりのところからキトの街を見下ろした。町の南方には雪を抱いたコトバクシ山(5897m)が聳え立っていた。



今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

明日もまた。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント