FC2ブログ

久保建英・見参・・・Vol.1907


中学生や高校生の頃、天才と言われ、その後消えて行った者も多い。
スポーツでは特に団体競技の世界では多いようにも思う。
怪我で無念のうちに表舞台から去った者、天狗になって消えた者、監督をバカにして使われなくなって消えた者など、様々だが、噂どおりに第一線に躍り出てくる者もいる。

久保建英。スペインに渡り、バルセロナの下部組織で小学校上級生頃から大活躍し注目された。国籍などの関係から中学生頃、やむなく帰国。
その後FC東京に所属。
彼にとっての山場は昨年だっただろう。
シーズン途中でヨコハマFマリノスに移籍し今期戻って来た。昨年「ふてくされたり」していたら、今期の活躍はなかったかもしれない。消えて行った多くの“天才”と同じ道をたどったかもしれない。

ところが今期は違った。長谷川監督に使われ始めた。
先般J1初ゴールを上げると、次戦にもゴールを決めた。もちろん、ゴールだけでない。テクニックも凄いが堂々たるプレイぶりで光を放っている。
「これが若干17歳の少年か」とつくづく感心してしまう。
この若さで“悟った”のだろう。まずは第一関門をクリアした。

久保建英IMG_3987
       (写真はエルゴラッソから)

先般、これから始まる親善試合のフル代表に選ばれ、続くコパ・アメリカの日本代表にも選出された。
おそらく協会などにはいろいろな意見もあっただろうが、森安代表監督の英断に拍手を送りたい。世界を驚かしてほしいものだ。

鬱陶しい梅雨の季節が始まるだろうが、この6月は楽しみな季節となった。
南米に応援に出かけたい気分だが、そうもいかない。
久保のほかに楽しみな選手は、中島、堂安、富安だ。久々の召集となった岡崎にもエールを送る。

いよいよ来年の東京五輪が楽しみになって来た。
果たして、千両役者・華がある本田の雄姿はみれるだろうか?

🎵 Mas Que Nada ♫ 今まで携帯の待ち受けに浸かっていた曲だ。

先日、友人に「元気すぎるよ」などと言われて、自分では聴かないが、もう5年も使っていたので、惜しみながら静かな曲に替えたばかりだ。そしたら、別の友人が「替えてしまったの?よかったのに」などと言ってきた・・・。

今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
  
令和元年5月26日(日)、今日も快晴。熱くなりそうだ、これで3日目、猛暑が続く。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント