FC2ブログ

昭和の切手とマイムマイム・・・vol.1905

ギックリ腰でロボット歩きをしていたというMMさんから郵便物が届いた。
封を切ってみると(恒例のようにいただきっぱなしの)ありがたい、心が清々しくなるCD「夏」が入っていた。
添え文があり、「“昭和の切手”だけれど、届いたかしら?」などと書いてあった。
届いたけれど、慌てて、もう一度封筒に貼られている切手を確認した。
令和でなくても、平成でなくても、昭和の切手でOKのようだ。

封止めには、昭和の頃にはまだなかった“くまモン”が貼られていた。

三上眞佐子20190522IMG_3986

MM作のオルガニート曲には、「マイムマイム」が入っていた。
まさに“昭和の”甘酸っぱい想いが流れて来た。

中学生の頃、体育祭、いやまだ運動会と言っていたか?もう定かではないが、必ずフォークダンスがあり、この曲が流れてきたものだった。
円陣を組んで手をつなぎ、「マイ、マイ、マイ、マイ、マイム、えさっさ」などと言い、円心に向かっていき、足などを蹴上げていたものだった。
女子生徒が隣なので、嬉しいのに反対の素振りをして、わざとぶっきらぼうに足を上げていたもんだ。

忘れていた“昭和純情”編が蘇ってきた。

それにしても、マイムマイムがイスラエル民謡で、“えさっさ”ではなく“ベッサッソン”だなんて知らなかったなあ。
“水を運ぶ人”はオシムがよく言っていたからわかるが、“水を汲む”というようなことだったんだなあ。年老いて、まだまだ学ぶこと多し、「夏」近し深春の夕べ。

やはり今日は ♫ マイム マイム Mayim Mayim ♫ で、えっさっさ。

MMさん、いつも感謝です。お見舞いもせず失礼の数々、お許しを。

今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
もうすぐ夏がやって来る前に「夏」がやって来た。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント