FC2ブログ

追跡調査・明治36年・・・Vol.1904


友人IMが、昔住んだことのある吉祥寺・三鷹あたりのチェロ・コンサートに行ってきたとかで、その頃関わっていたという某社Zのことに触れられていた。私は、その同日夜、久々の旧友たちと都心で飲んでいて、期せずして、その某社Zに勤めるKAもいたのだった。
KAと飲むのはホントに久しぶりだったが、あとで、おもしろいものだなあ、不思議な縁だなあと思った次第。

そのKAが「見つけたんです!」と言った。
何のことかと思ったら、そのZ社が昔出した『90年史』のことだった。
Z社は、先般、新しいお札の件でも話題になった渋沢栄一が初代会長を務めた社で、創業(発足)が明治41年(1908年)だ。
その発足前の前段話があって、KAが見つけたのは明治36年の話だった。

福祉がまだ慈善事業などと言われていた時代、全国の有志が集って、明治36年に大阪で第1回全国大会を開いたという。現在も全国社会福祉大会という名称で続いているという。その開催を主唱したのが7名。『年史』には4名の名は記されているが、あとの3人が不明。KAは、それがずっと気になっていたらしい。仕事として調べていたわけではないと言うが、KAは「ついに見つけた!」と言うことらしかった。その大会が契機となってZ社は誕生したらしい。
歳を経ると歴史などに興味が強くなるもので、私も例外ではない。聞きかじり程度の物好きの類だが、ルーツ探しには最近とみに関心がある。それにしても、KAはまだ若いのに感心!と、しみじみ彼の横顔を眺めてしまった。KAはスマホから写真を数点見せてくれた。
その写真などを私宛にメールで送ってくれなどと言ったら、届いていた。

これが、不明時の写真。前列左から原胤明、窪田静太郎、留岡幸助。後列左から2人目が相田良雄。残る3名が不明だった。

明治36年5月IMG_3985

新たにKAの追跡調査により判明したのは、後列左から小橋實之助、3人目が土田弘敏、右端の立派な髭の方が加島敏郎。いずれも当時のその分野等での大物、大活躍していた人物のようだった。
この時代は、いろいろな方がいろいろな分野で、いい顔で、活躍していたのだな、などと感慨深い夜の酒となった。KAのおかげだ。ありがとう。また、KAを連れてきてくれたSHさんにも感謝だ。

令和元年5月20日(月)、夜11:30過ぎに最寄り駅に到着。土砂降りが始まっていた。
普段でもタクシーの数が多くはない駅だが、乗り場にはタクシー待ちの人が数人並んでいた。
これじゃあ、当分タクシーは無理だなと思い、家まで歩いて帰った。
当然、ズボン・靴・背負ったカバンはびしょぬれだったが、家にたどり着けば、久々の豪雨も又良し!だった。

雨ヨ、もっと降れ🎵 と踊ったり歌ったりはしなかったが、ジーン・ケリー ♫ 雨に唄えば ♫ の気分だった。

 

今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
もうすぐ夏がやって来る季節になって来た。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント