FC2ブログ

湯煙りの宿へ・・・Vol.1891


天気予報では雨。
少々気分は重く、事故を起こさないようには気を付けて、車を走らせた。

家を出たときには少し雨がパラついたが、その雨も止み時々陽が射した。
碓氷峠を越すと、残念ながら予報は正しく、雨が時には強くフロントガラスを叩いた。

それでも、予定の現地集合時間、午後3時ちょうどに、集合場所・飯山市の高橋まゆみ人形館に到着した。途中2回、計30分ばかりの休憩を入れたが、出発してから3時間半で、これも予定どおりの時間だった。家からここまで約260kmだったと思う。

人形の創り出す、日本の原風景にどっぷりつかり、心洗われる想いになって、再び車を走らせて約30分後、目指す旅館にたどり着いた。温泉街の小雨に濡れる石畳の坂道を上ると今晩の宿「住吉屋」が見えて来た。
奥には源泉の湯煙りが上がっていた。

1住吉屋IMG_3735

2住吉屋IMG_3739   3住吉屋IMG_3740

野沢温泉は、冬のスキーシーズンの喧騒も過ぎ、10連休の賑やかさも終わり、静かな春を迎えていた。
年寄り仲間が寛ぐには恰好な季節となっていた。



From Nozawa With Love 野沢より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント