FC2ブログ

望郷・信濃路、故郷の空・・・Vol.1873


見上げれば故郷の空が広がる。

5空IMG_20190428_074135

地上の八幡様にはツツジもある。
桜が過ぎればやがてツツジの世界になる。
弦などがからんではいるが、昔からあるツツジも赤い蕾を持ち始めていた。(写真の右下)
このツツジも、70年前にはあったから、歳は100年くらいだろうか?

6つつじiMG_20190428_073311

この八幡様の少し手前(写真の竹林の向こう)に我が実家の畑があり、半分以上は草地になったままだが、荒らすより、また、家で食べる分だけ作ればいい、というわけで、半分弱ほどを義妹が耕して野菜などを植えている。
その草地の隅の桜も咲いていた。根元には水仙も咲いていた。

7畑IMG_20190428_073651   6畑の桜IMG_20190428_072839

小学校1年の時、飼っていた猫が死んだ。
エリザベス」と呼んでいた猫だった。
泣きながら、この桜の木の下に埋めたのだった。エリザベスが水仙になったのかもしれない。

畑の裏は竹林で、竹の子が山ほど芽を出して来て、畑地まで進出してくる。
「6月ごろには、筍採りをかねて、畑に進出してきた竹退治に来なければいけないな」などと思う。

弟が2年前に脳卒中で倒れたので、義妹が奮闘して畑などの面倒も見ているのだ。
弟とは3か月ぶりに会ったが、その時よりも大分元気になっていたので一安心。
実家は家族も増えていた。
アイリッシュセッターのローラだ。

10ローラアイリッシュセッターIMG_20190428_072508

道端でボロボロになって倒れていたので連れて来たのだと言う。
首輪をつけていたので飼い主を捜し、わかったというが、その飼い主は「捨てた」のだそうだ。
酷いヤツも居るものだが、今は元気になって我が実家で楽しそうに暮らしている。
ひとなつっこいローラだ。

畑の土手にタンポポも春の日を浴びていた。

8たんぽぽIMG_20190428_074905
平成31年4月28日(日)。

秋でもなく、スコットランドでもなく、信濃路に春風が吹く ♫ 故郷の空 ♫ 



今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Shinanoji With Love 信濃路より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント